スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  いぶり中央漁協組合


最終更新日:2018年6月06日(水)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム漁協一覧いぶり中央漁業協同組合(胆振管内)
北海道お魚図鑑
産直(漁協)検索 詳細
ここからページの本文です

各漁協の基本情報・特徴・おすすめポイント・産直販売商品などを紹介しています。

■いぶり中央漁業協同組合(胆振管内)

いぶり中央漁業協同組合(胆振管内管内)の写真

品質の高さと美味しさが自慢「虎杖浜たらこ」

前浜で10月~2月に収穫されるスケトウダラを加工した「虎杖浜たらこ」は、白老を代表する名産品。味付け前に冷凍~解凍するプロセスがないため味わいが高いとされ、ブランド化された水産加工品として流通しています。みた目のきれいさに加え、魚卵の旨みをたっぷり堪能できる逸品です。

郵便 〒059-0466
住所 登別市登別港町1丁目28番地
電話

0143-83-5001

FAX 0143-83-5005
アクセス方法 詳しい地図はこちら[外部リンク]グーグルマップ
ホームページ

■ 支所・事業所

名称 直販 郵便 住所 電話 FAX
白老支所 〒059-0921 白老郡白老町字石山335番地 0144-83-4660 0144-83-4664

■地域ぐるみで付加価値向上を目指すサラ貝に注目

 2004年に白老、虎杖浜、登別の3漁協が合併して誕生したのがいぶり中央漁業協同組合です。
 漁の中心となるのはスケトウダラ、サケ、ホッキ、毛ガニなどで、スケトウダラの卵はタラコに加工され「虎杖浜産タラコ」として高い知名度を誇っています。
 ホッキと共に水揚げされるサラ貝は、市場価値がなく地元民しか食べない隠れた食材でしたが、自治体や商工会、地元飲食店などが一体となり、シーフードカレーなどでその魅力をアピール中です。

PR写真1 PR写真2 PR写真3