スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  寿都町漁協組合


最終更新日:2014年1月29日(水)

メニューを飛ばして本文に移動します
ホーム漁協一覧寿都町漁業協同組合(後志管内)
北海道お魚図鑑
産直(漁協)検索 詳細
ここからページの本文です

各漁協の基本情報・特徴・おすすめポイント・産直販売商品などを紹介しています。

■寿都町漁業協同組合(後志管内)産直

寿都町漁業協同組合(後志管内管内)の写真

日本海の栄養をたっぷり蓄えた「寿がき」が名物

サケやサクラマス、ホッケ、カレイ、ホタテ、ウニ、アワビなど、様々な魚介類が漁獲される寿都町。道内日本海では数少ないカキの生産地としても知られており、「寿がき」は、生ガキが手に入りにくい4~6月に旬を迎える特産品。磯焼け対策にも力を入れており、海藻をエサとしているウニの密度管理や、藻場を造成するため栄養塩を供給する施肥、寿都湾に流れ込む河川流域における植樹活動などによって、藻場の回復に努めています。

郵便 〒048-0404
住所 寿都郡寿都町字大磯町20番地先
電話 0136-62-2555
FAX 0136-62-3603
アクセス方法 詳しい地図はこちら[外部リンク]グーグルマップ
ホームページ 【浜からの直送便】寿都町漁業協同組合[外部リンク]

■ 支所・事業所

名称 直販 郵便 住所 電話 FAX
歌棄支所 〒048-0415 寿都郡寿都町字歌棄町美谷 0136-64-5031 FAXなし
磯谷支所 〒048-0351 寿都郡寿都町字磯谷町横澗 0136-65-6014 FAXなし

■漁協の取組が実を結んだ特産品「寿がき」

 春はカキ、夏はウニ、冬はスケトウダラや毛ガニなど、一年を通して新鮮で豊富な魚介類が水揚げされていますが、名物となった「寿がき」は、種苗の購入から生産、販売までを漁協がしっかりと管理して取り組んだために生まれた特産品。通常冬場が旬のカキを春に味わうことができ、生で食べるのはもちろん、焼いたり酒蒸しにしてもおいしいと評判です。
 また、通年で活ホタテを提供しているのも寿都漁協ならでは。

PR写真 PR写真 PR写真
直販情報

■直販情報

商品写真

主な商品:寿がき、生鮮ホタテ貝、旬の鮮魚詰め合わせ、活ホッキ貝、天然エゾアワビ、活毛ガニ、漁協の加工品セット

寿都町漁業協同組合 直売所

  • 直販店や漁協で直接販売:○
  • 電話注文→宅配:○注文できます(直売店:0136-62-2395、漁協事務所(直売店クローズ時期):0136-62-2555)
  • インターネット:○注文できます[外部リンク]
  • 営業時間:9時00分~16時00分/営業時期:4月~10月/定休日:毎週火曜日(臨時休業日有り)