スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  余市郡漁協組合


最終更新日:2018年9月04日(火)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム漁協一覧余市郡漁業協同組合(後志管内)
北海道お魚図鑑
産直(漁協)検索 詳細
ここからページの本文です

各漁協の基本情報・特徴・おすすめポイント・産直販売商品などを紹介しています。

■余市郡漁業協同組合(後志管内)

余市郡漁業協同組合(後志管内管内)の写真

カレイ、イカ、エビなどの漁が盛ん

町の北側が日本海に面し、積丹半島の東の付け根に位置、海と山の幸に恵まれた北後志の拠点・余市町にある余市郡漁協。余市町はかつてニシン漁で栄えた歴史をもちますが、現在では主にカレイやイカ、エビなどの漁が盛んに行われています。また、余市川はアユが棲息する北限の川として知られています。

郵便 〒046-0024
住所 余市郡余市町港町148番地
電話 0135-23-2131
FAX 0135-22-6235
アクセス方法 詳しい地図はこちら[外部リンク]グーグルマップ
ホームページ http://www.yoichigyokyo.com/index.php

■人気の「ウニの塩水パック」発祥の地

 17kmほど続く海岸線はその約半分が岩礁地帯でウニやアワビの良漁場となっています。
 今では道内各地で加工され人気が高い「ウニの塩水パック」は余市が発祥の地で、本州方面にも出荷されています。
 港ではアカガレイ、クロガレイ、イシガレイ、アザバガレイ、宗八ガレイといったカレイ類、10月から11月にかけてはヒラメも漁獲されています。また、南蛮のように赤い色をしていることからその名が付いたといわれるナンバンエビはまとまった量が安定して水揚げされています。

PR写真1 PR写真2 PR写真3

■直販情報

主な商品:甘エビ、ウニ

  • 直販店や漁協で直接販売:×
  • 電話注文:× 
  • インターネット:○注文できます [外部リンク]