スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  マナマコ[海鼠]


最終更新日:2018年6月06日(水)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■マナマコ[海鼠]

地方名:ナマコ

シカクナマコ科/全長20~30cm


マナマコ[海鼠]

見た目は悪いが味は絶品

 体は円筒形で、前端に口、後端に肛門があり、口の周囲には20本の触手があります。背側には大小のイボ状の足が、腹側には管足と呼ばれる先端に吸盤のある多数の細い管が密生しています。
 体色には3つのタイプがあり、赤褐色のアカ、青緑色のアオ、黒色のクロがあり、北海道ではアオが多くみられます。
 十勝、釧路地方を除くほぼ全域に分布します。泥とともに海藻や微小生物などの有機物を消化して栄養をとるため、海の底質を浄化する働きも果たします。
 マナマコは筋肉と内臓を生あるいは酢のもの、酢漬け、塩漬けにして食べます。腸の塩辛 “このわた”は有名な珍味で、そのほかに筋肉を乾燥した“いりこ”、生殖巣を乾燥した“くちこ(このこ)”があります。

■分布図

分布図

十勝、釧路、根室以外

■漁獲時期

漁獲時期

周年 ※各地域で産卵期を禁漁期間と定めている

■漁法

なまこけた網漁業[外部リンク]

はさみ採り漁業[外部リンク]

潜水(器)漁業[外部リンク]


■関連サイト

ナマコ人工種苗生産[外部リンク] ナマコの人工種苗生産の方法や経過、実績を紹介します。(北海道の漁業図鑑)
水産辞典-魚種編-ナマコ[外部リンク] 北るもい漁業協同組合
マナマコの種苗生産技術[外部リンク] 地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部(栽培水産試験場)
なまこ[外部リンク] 留萌振興局

■栄養成分

食品成分データベース[外部リンク] 文部科学省 食品成分データベース

■マナマコ取扱漁協

alt= ウトロ漁業協同組合

なまこ醤油漬
世界遺産・知床の海で育ったナマコを漁師自らが醤油漬けで柔らかく仕上げた商品です。