スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  ケガニ[毛蟹]


最終更新日:2015年6月15日(月)

メニューを飛ばして本文に移動します
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■ケガニ[毛蟹]

地方名:(なし)

クリガニ科/全長 雄:甲長8cm以上※漁獲サイズ。雌は漁獲禁止


ケガニ[毛蟹]

北海道を代表するカニといえば毛ガニ

 甲の形は雌雄で異なり、雄は縦長の楕円形、雌は雄に比べ幅が広く円形に近い形で背甲面も強く膨らんでいます。体はオレンジ色ですが、脱皮後の回復が進むにつれて徐々に黒ずんでいきます。
 オホーツク海と太平洋側に多く分布し、水深が150mより浅く水温15℃以下の底質砂か砂泥の場所に生息します。
 交尾と産卵は別の時期に行われ、交尾期は釧路以西海域では7~翌3月、噴火湾では6~12月で、産卵期は前者が7~8月と11~翌4月、後者が1~3月になります。
 北海道では、甲長8cm以上の雄のみしか漁獲を許可しないなど、資源対策のための取り組みが行われていますが、その結果、資源を後に残すことになるだけでなく、むしろ水揚げ金額が増加するという効果ももたらしています。
 毛ガニは身肉の味が良く、塩ゆでするだけで充分においしく食べることができます。

■分布図

分布図

北海道周辺のオホーツク海沿岸一帯と太平洋沿岸一帯、噴火湾

■漁獲時期

漁獲時期

胆振6月~8月、日高12月~翌4月、網走3月~8月、宗谷1月~7月、十勝・釧路1月~3月・9月~12月

■漁法

かにかご漁業(ケガニ)[外部リンク]


■関連サイト

雄武町特産品[外部リンク] 雄武町産業振興課
流氷の贈り物 網走のカニ[外部リンク] 網走市
日高のさかなたちNo.8 毛がに[外部リンク] 日高振興局
魚こよみ 毛ガニ[外部リンク] 釧路市漁業協同組合
さかなたちの基礎知識 北海道のカニと言えば-ケガニ[外部リンク] 地方独立行政法人北海道立総合研究機構稚内水産試験場
食材王国しらおい 食材名「毛がに」[外部リンク] 食材王国しらおい
おさかなQ&A “かにみそ”(46)/カニ類の地方名(50)[外部リンク] 財団法人 水産物市場改善協会
栽培技術研究室(厚岸栽培技術開発センター)「ケガニ」[外部リンク] 独立行政法人 水産総合研究センター 北海道区水産研究所

■料理レシピ

カニ飯[外部リンク] 財団法人 北海道学校給食会 みんなのレシピ

■栄養成分

食品成分データベース[外部リンク] 文部科学省 食品成分データベース

■ケガニ取扱漁協

寿都町漁業協同組合[外部リンク]

活毛ガニ
日本海・寿都/島牧沖で獲れた天然の活毛ガニを冷蔵便で発送しています。ボイル調理品ではないのでご注意下さい。家庭で茹でたての毛ガニの美味しさを堪能出来ます。1、2、3尾入りを選べます。(販売期間:12月~完売まで)

日高中央漁業協同組合

毛ガニ
水揚げしたばかりの高鮮度の毛ガニを、3~4%の塩水でゆで上げました。「堅ガニ」の異名をもつビッシリと身が詰まった毛ガニです。

えりも漁業協同組合[外部リンク]

毛がに
えりも沖で水揚げされる「毛がに」は全て堅蟹です。(販売期間:12月~2月)

落石漁業協同組合[外部リンク]

しお風毛がに
厳寒な海のなかで育った毛ガニは身の締まりが良いと定評があります。鮮度と味にこだわり、おいしさを逃さないよう水揚げ直後にゆであげています。

常呂漁業協同組合[外部リンク]

毛ガニ
厳選された常呂町オホーツクの味。活はもちろん、ボイル、ボイル冷凍の品揃え。

沙留漁業協同組

毛ガニ
流氷によってもたらされる資源豊かなオホーツク海で豊富な餌を食べて育った上質の毛ガニです。

雄武漁業協同組合[外部リンク]

毛がに
ずっしりとした大振りの甲羅にぎっしりと詰まった身、さらに蟹みそは、脂肪分とグリコーゲンをたっぷり含んでいます。質にこだわる雄武漁組ならではの「毛がに」です。

船泊漁業協同組合[外部リンク]

浜茹で冷凍毛がに
礼文島産の極寒最北の海で育った「寒毛がに」を新鮮なままボイル冷凍。濃厚なカニみそとみずみずしいしっかりした身が自慢です。漁獲から発送まで全ての作業工程を漁協で行っています。