スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  タラバガニ[鱈場蟹]


最終更新日:2018年6月06日(水)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■タラバガニ[鱈場蟹]

地方名:タラバ

タラバガニ科/全長 甲長100mm前後


タラバガニ[鱈場蟹]

“カニ”の名が付いているがヤドカリの仲間

 カニ類は先端がはさみ状になった鉗脚のほかに4対の歩脚をもちますが、ヤドカリの仲間であるタラバガニは最後の1対が退化して甲殻の下に隠れています。甲殻面には明瞭な棘が多数みられます。生まれたときは背面が紫色で腹面やはさみの部分は朱黄色ですが、熱を加えると体全体が朱色に変化します。
 北海道周辺の水深30~360mに分布し、産卵期には沿岸域の浅みに移動します。
 カニ類の雄がもつ交尾器はなく、雄は第5脚、雌は第3脚の基部にそれぞれ生殖孔をもちます。雄は成熟した雌と出合うと鉗脚で雌をつかまえて雌の脱皮を待ち、脱皮が完了した雌をつかみ直して短時間のうちに精子を渡します。その後雌は腹肢に卵を産み付けます。産卵期は4~6月で、産卵から約1年後に子どもが生まれます。
 現在は、活ガニやゆでガニ、その冷凍ものなどが主に出回っています。

■分布図

分布図

北海道北部日本海、オホーツク海沿岸、北海道東部太平洋

■漁獲時期

漁獲時期

ほぼ周年獲ることができるが12~2月は漁獲量が少ない

■漁法

かに刺し網漁業(タラバガニ)[外部リンク]


■関連サイト

流氷の贈り物 網走のカニ[外部リンク] 網走市
おさかなQ&A カニ類の地方名[外部リンク] 財団法人 水産物市場改善協会

■栄養成分

食品成分データベース[外部リンク] 文部科学省 食品成分データベース