スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  マガレイ[真鰈]


最終更新日:2015年6月15日(月)

メニューを飛ばして本文に移動します
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■マガレイ[真鰈]

地方名:オタルマガレイ、マコガレイ、キマガレイ

カレイ科/全長 雄:約30cm、雌:約40cm


マガレイ[真鰈]

上品で弾力のある肉質は一級品のおいしさ

 体は楕円形で、体長が背びれから腹びれまでの幅の2倍以上あり、雌は全長40cm、雄は30cmほどになります。両目は体の表・右側にあり、左右不相称で小さい口が特徴です。体の表側は青みを帯びた黒褐色、裏側は白色で、体の半分より後ろの背縁と腹縁に沿って淡黄色の帯があります。
 一年中水深150m以浅の大陸棚に分布し、砂質あるいは砂泥質の海底に生息します。産卵期は北へ行くほど遅く、北海道北部で5~6月です。漁場はほぼ全道一円にみられ、オホーツク海では8~12月、宗谷海峡から利尻・礼文島では11~翌3月、日本海では4~6月、えりも岬より西の太平洋では5~7月が盛漁期となります。
 肉質は上質で弾力があり、カレイ類の中でも一級品。特に春先の子持ちの雌は煮付けにするとおいしく、秋には餌を食べて丸々と太っているので、新鮮なものを刺身にすると最高といわれています。

■分布図

分布図

日本海育ち(石狩湾以北の日本海)とオホーツク海(初山別沖~オホーツク海)育ちがある。道内全域で獲れるが北部日本海・オホーツク海・えりも岬以西の太平洋が特に多い

■漁獲時期

漁獲時期

周年

■漁法

かれい・ひらめ・ほっけ底建網漁業[外部リンク]

ほっけ・かれい底建網漁業[外部リンク]

かれい刺し網漁業(マガレイ)[外部リンク]

底びき網漁業[外部リンク]


■関連サイト

さかなたちの基礎知識 マガレイ[外部リンク] 地方独立行政法人北海道立総合研究機構稚内水産試験場
食材王国しらおい 食材名「マガレイ」[外部リンク] 白老町
おさかな情報 カレイ・ヒラメ・ウシノシタ[外部リンク] 財団法人 水産物市場改善協会

■料理レシピ

お料理レシピ一覧のカレイ料理 [外部サイト]  北海道ぎょれんおすすめレシピ365 食材名「かれい」
カレイのレシピ(スティックフライ・揚げ煮など) [外部サイト] 旬の魚とレシピ集(釧路市水産業対策協議会)  

■栄養成分

食品成分データベース[外部リンク] 文部科学省 食品成分データベース

■マガレイ取扱漁協

散布漁業協同組合(霧多布/浜中町観光協会)[外部リンク]

かれい類
黒かれい、真かれい、さめかれい、赤かれい、松川等、種類が豊富で鮮度がいいから刺身の食材としても最適です。(漁期:4月~12月)