スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  スナガレイ[砂鰈]


最終更新日:2015年5月22日(金)

メニューを飛ばして本文に移動します
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■スナガレイ[砂鰈]

地方名:パンガレイ、カワガレイ

カレイ科/全長約30cm


スナガレイ[砂鰈]

小型でも頭の大きさはカレイ類随一

 体はひし形で、頭はカレイ類のなかでは大きい方です。両目の間は狭く隆起し、頭部背縁は上眼の前方で大きくくぼんでいます。目がある表側は暗褐色で砂粒状の斑点があり、裏側は白色、背と腹の両縁に鮮やかな黄色い帯が走っています。カレイ類の中では小型で、成長が遅い種類。
 北海道では各地の沿岸に分布し、水深100mより浅い砂質の海底に生息します。産卵期は、道北の日本海では5~6月、オホーツク海沿岸では6~7月で、産卵は沿岸の水深50mより浅い所で行われます。
 肉は薄く、カレイ類の中では味があまり良くないといわれますが、焼き魚、から揚げ、煮付けにして食されます。

■分布図

分布図

北海道各地の沿岸

■漁獲時期

漁獲時期

留萌~檜山(日本海沿岸)4月~5月、網走7月~10月、宗谷11月

■漁法

刺し網漁業[外部リンク]

底建て網漁業[外部リンク]


■料理レシピ

お料理レシピ一覧のカレイ料理 [外部サイト]  おすすめレシピ365・かれい(北海道ぎょれん) 
カレイのレシピ(スティックフライ・揚げ煮など) [外部サイト]   旬の魚とレシピ集(釧路市水産業対策協議会)