スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  ツマグロカジカ[褄黒鰍]


最終更新日:2018年6月06日(水)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■ツマグロカジカ[褄黒鰍]

地方名:ギスカジカ、チチビツカジカ、ギシカジカ、トラカジカ

カジカ科/全長約30cm


ツマグロカジカ[褄黒鰍]

尾びれ、背びれ、胸びれのしま模様が目印

 体はこん棒状で全体的に黄色みを帯びています。台形のような形の背びれ、胸びれ、尾びれに数本の太い黒色帯があり、特に縁辺が濃いためツマグロ(褄黒=縁の黒いこと)という名がついたといわれています。
 水深50~150mの砂れき底に生息し、産卵期は1~3月。雄は産卵期に腹びれが伸び体が黒ずむ二次性徴を示します。
 底びき網、刺し網で漁獲されており、旬は冬。身は締まって硬く、みそ汁にすると良いだしがとれます。成熟卵はギス子やカジカ子と呼ばれ、イクラのようにしょうゆ漬けにして食べられています。

■分布図

分布図

日本海、サハリン南部の砂れき底。産卵時噴火湾

■漁獲時期

漁獲時期

冬(12月~翌3月)

■漁法

底びき網漁業[外部リンク]

刺し網漁業[外部リンク]


■料理レシピ

カジカのぶどうジュース煮込み[外部リンク] 北海道ぎょれん おすすめレシピ

■栄養成分

食品成分データベース※カジカ[外部リンク] 文部科学省 食品成分データベース