スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  スケトウダラ[介党鱈]


最終更新日:2018年6月06日(水)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■スケトウダラ[介党鱈]

地方名:スケソウダラ、スケソ、スケトウ、ピンスケ(小型魚)、マゴスケ(小型魚)、ウマスケ(大型魚)

タラ科/全長約60cm


スケトウダラ[介党鱈]

身はカマボコに、卵巣はタラコに

 細長い体で目と口は大きく、「下顎が上顎より前に出ていること」「下顎のひげはない、もしくは極めて小さいこと」が、同じタラ科魚類のマダラ、コマイとの大きな違い。北海道内で2番目に多い漁獲量(H20現在)を誇る重要漁獲対象種。
 成魚は冬から春にかけて産卵場所に集まり、夏から秋に餌を探すために分散して回遊します。産卵場は津軽海峡を除く北海道周辺の沿岸から沖合一帯。産卵期は12~4月で1~2月が盛期です。1尾の雌が約1ヵ月にわたり数日おきに複数回に分けて卵を産むため、群れとしての産卵期は4ヵ月と長期にわたります。成魚ではオキアミ類などのプランクトンのほか、魚類、イカ類なども捕食します。親が子どもを食べる「共食い」の習性ももちます。
 卵巣は塩漬けにして「タラコ」や「明太子」に利用され、身は主に練りもの製品の原料となるすり身に加工されています。

■分布図

分布図

えりも岬以東太平洋、オホーツク海、噴火湾、日本海、根室海峡

■漁獲時期

漁獲時期

渡島10月~翌4月、胆振9月~翌3月、石狩・後志9月~翌6月、檜山11月~翌1月、宗谷10月~翌6月、十勝・釧路9月~翌5月、根室11月~翌3月

■漁法

すけとうだら刺し網漁業(道南)[外部リンク]

すけとうだら刺し網漁業(道東)[外部リンク]

はえ縄漁業(マダラ・スケトウダラ)[外部リンク]

すけとうだらはえ縄漁業[外部リンク]

沖合い底びき網[外部リンク]


■関連サイト

水生生物データベース[外部リンク] 水産総合研究センター
網走の活き粋き7珍 スケトウダラ[外部リンク] 網走市
旬の食材 スケトウダラ[外部リンク] 室蘭市
魚こよみ スケソウダラ[外部リンク] 釧路市漁業協同組合
さかなたちの基礎知識 北海道で獲れるタラ類 スケトウダラ[外部リンク] 地方独立行政法人北海道立総合研究機構稚内水産試験場
食材王国しらおい 食材名「助宋(スケトウタラ)/虎杖浜たらこ」[外部リンク] テキストの入力画面より、食材名などを入力し検索できます。
釣りたらこが出来るまで [外部リンク] ひやま漁業協同組合
スケトウダラの資源評価と予測[外部リンク] 地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部(栽培水産試験場)

■料理レシピ

スケトウダラを使った料理レシピ[外部リンク] スケトウダラ料理のあれこれ(北海道機船漁業協同組合連合会)
スケトウダラのレシピ(10品)[外部リンク] 旬の魚とレシピ集(釧路市水産業対策協議会)
すけとうだらのレシピ[外部リンク] スケトウダラのレシピ(網走市ホームページ)
たら・すけとうたら・たらこを使ったメニュー[外部リンク] 食材王国しらおい 産品レシピ集 魚を使ったメニュー

■栄養成分

食品成分データベース[外部リンク] 文部科学省 食品成分データベース

■スケトウダラ取扱漁協

alt= ひやま漁業協同組合[外部リンク]

釣りたらこ 紅乙女
一本一本釣り上げることによって、網で暴れることもなく、魚体に傷がつかずに揚げられたスケトウダラを使って作るきれいで新鮮なたらこです。

alt= 羅臼漁業協同組合[外部リンク]

特上甘口たら子箱入り
1月~2月の前浜でとれた羅臼産のスケトウダラのみを使用、選び抜いた成熟卵を独自の製法で生のまま塩漬けにしています。500g(5腹前後)の化粧箱入りなので贈答品にも最適です。

alt= 船泊漁業協同組合[外部リンク]

辛子明太子
スケトウダラの成熟卵を独自の調味液により丹念に味付け、漬け込み熟成させた辛子明太子です。ピリッとした辛さとタラコ本来のまろやかな舌ざわりを楽しめます。

alt= 標津漁業協同組合[外部リンク]

たらこ
羅臼産の高鮮度の上質卵を原料に、自然の風味を味わえるよう低温でじっくり造り上げた商品です。冷凍原卵は一切使用しておりませんので完熟たらこならではの食感が楽しめます。500g化粧箱入り。