スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  マスノスケ[鱒之介]


最終更新日:2018年6月06日(水)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■マスノスケ[鱒之介]

地方名:スケ、オオスケ、ラシャ、ラシャマス

サケ科/全長約90cm


マスノスケ[鱒之介]

「キングサーモン」でおなじみの魚

 太平洋に分布するサケ・マス類の中では最も大きく、全長90cm、体重10kgほどになります。
 分布範囲は広く、春から初夏にかけて主に北海道の太平洋側に来遊します。北海道の河川に遡上した記録もありますが、繁殖はしていません。
 生活史は2つのタイプがあり、1つは幼魚期に河川に長くとどまるタイプで、浮上後1年以上たった後に川を下り、海に出た後は広い範囲を回遊して産卵の数ヵ月前の春~夏に河川に回帰します。もう一方は早くに川を下るタイプで、浮上後3ヵ月以内に海に出て沿岸域を回遊、産卵直前の秋に川に戻ります。
 マスノスケとはキングサーモンの和名であり、北海道では太平洋沿岸で少数しか漁獲されないため高級魚として高値で取引されます。脂がのった身はおいしく、刺身や鮨として食べられるほか、ステーキ、ルイベ、塩焼きなどに調理されます。

■分布図

分布図

太平洋側

■漁獲時期

漁獲時期

4月~6月

■漁法

定置網漁業[外部リンク]


■関連サイト


■栄養成分

食品成分データベース[外部リンク] 文部科学省 食品成分データベース