スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  カラフトマス[樺太鱒]


最終更新日:2018年6月06日(水)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■カラフトマス[樺太鱒]

地方名:マス、アオマス、セッパリマス、セッパリ、ホンマス、ラクダマス、ラクダ、カニマス、オオマス、カンマス

サケ科/全長45~60cm


画像カラフトマス[樺太鱒]

通には筋子やイクラよりも「マス子」が人気

 体の背側や尾びれ、脂びれに大きな黒点があるのが特徴。産卵期の雄は背びれの前方部分が盛り上がることから「背張り鱒(セッパリマス)」とも呼ばれます。
 広範囲に分布していますが、日本国内におけるほとんどの個体は根室海峡を含むオホーツク海沿岸の河川を上ります。海で越冬した成魚は8~10月に北海道の河川を上り、9~10月に主に中・下流域で産卵します。孵化後、成長した稚魚はすぐに川を下り海洋で1年ほど過ごした後、生まれた川(母川)に戻ります。しかしカラフトマスが母川に戻る習性は、ほかのサケ・マス類ほど強くないとされています。
 漁獲量は北太平洋のサケ・マス類の中で最も多く、漁獲されたカラフトマスは内臓をとって塩蔵されたり缶詰などに加工されます。また、卵巣を塩漬けやしょうゆ漬けにした「マス子」も人気があります。

■分布図

分布図

主に根室海峡やオホーツク海沿岸

■漁獲時期

漁獲時期

4月~9月

■漁法

ます小型定置網漁業[外部リンク]

定置網漁業[外部リンク]

流し網漁業[外部リンク]

はえ縄漁業[外部リンク]


■関連サイト

水生生物データベース[外部リンク] 水産総合研究センター
網走の活き粋き7珍 カラフトマス[外部リンク] 網走市
各種情報>>サケマスの生活[外部リンク] 地方独立行政法人北海道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場

■料理レシピ

ますのフライ、焼き漬け、チャンチャン焼き[外部リンク] カラフトマスのレシピ(網走市ホームページ)
マスのはさみ漬け[外部リンク・PDFファイル] 根室市

■栄養成分

食品成分データベース[外部リンク] 文部科学省 食品成分データベース