スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  アメマス[雨鱒]


最終更新日:2018年6月06日(水)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■アメマス[雨鱒]

地方名:イワナ、エゾイワナ(ともに河川残留型)

サケ科/全長 河川残留型:35cm未満、降海型 45cm


画像アメマス[雨鱒]

瞳より大きい白色の斑点が目印

 体側と背部に瞳孔と同じかそれより大きい白点があるのが特徴で、白点は成長とともに大きくなります。北海道南部では淡い朱点をもつ個体もいます。
 北海道では知床半島以外のほぼ全域に分布し、湖や河川の上流域を中心に生息します。北海道のアメマスは海と淡水を行き来する遡河回遊型の魚類で、一生を淡水で過ごす河川残留型と、成長の過程で海に下りる降海型とに分かれます。降海型は河川残留型に比べ体の白点が大きいのが特徴です。産卵期は9~11月でいずれの型も数年に渡り繁殖を繰り返します。
 食性は貪食で幅広く、水生昆虫と陸生昆虫を中心にほかの魚類の幼稚魚も食べます。
 調理法は塩焼き、フライ、ムニエルなどで、支笏湖のアメマスは特に味が良いといわれています。

■分布図

分布図

中央内陸部(上川方面)、知床を除く全域

■漁獲時期

漁獲時期

4月~5月

■漁法

小型定置網[外部リンク]

刺し網漁業[外部リンク]


■関連サイト

各種情報>>サケマスの生活[外部リンク] 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 さけます・内水面水産試験場

■栄養成分

食品成分データベース[外部リンク] 文部科学省 食品成分データベース