スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  イトウ[魚鬼]


最終更新日:2018年6月06日(水)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■イトウ[魚鬼]

地方名:オビラメ、オヘライベ、イト、イド、チライ

サケ科/全長 雄:約40cm、雌:約60cm


画像イトウ[魚鬼]

人間の生活圏に密接した「幻の魚」イトウ

 細長い体で口は大きく、両顎に丈夫で鋭い歯を数多くもちます。日本産淡水魚類では最も大きく成長する魚種。
 イトウは一生のほとんどを人間の生活圏に近接した淡水域で過ごすため、生育環境の悪化により個体数が減少し、日本国内での分布は北海道のみという状況で、絶滅危惧種にも指定されています。イトウ属の魚は一般的に川を下りませんが、イトウはほかのサケ科の魚と同様に降海性があり川を下ります。しかし、それも汽水域までで、海へ出ることはほとんどありません。
 産卵期は4~5月。産卵はすべて一対のペアで行われ雌は5~6回に分けて卵を産みますが、この間雌雄ともしばしば相手を替えます。ほとんどの場合、大きな雌と小さな雄とのペアですが、雌をめぐって雄同士の闘争が起きると大きい方の雄が勝ちます。
 「幻の魚」と呼ばれ食される機会はあまりありませんが、養殖されたものは刺身や天ぷら、焼き魚に調理されるほか、一部釣り堀で利用されます。釣り人にとっては憧れの魚です。

■分布図

分布図

北海道北部、東部、石狩川、湿原河川など

■漁獲時期

漁獲時期

春~初夏、晩秋~初冬(4月~7月、11月~12月)

■漁法

小型定置網漁業[外部リンク]


■関連サイト

各種情報>>主な研究成果の紹介・サケ・マスについて[外部リンク] 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 さけます・内水面水産試験場

■イトウ取扱漁協

alt= 阿寒湖漁業協同組合[外部リンク]

イトウ・養殖
北海道の湿原の川や湖沼に生息する日本最大の淡水魚。阿寒湖ではイトウの人口孵化、飼育を行っており、日本でも数少ない生産地として知られています。