スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  シシャモ[柳葉魚]


最終更新日:2015年6月15日(月)

メニューを飛ばして本文に移動します
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■シシャモ[柳葉魚]

地方名:スサモ、スシャモ

キュウリウオ科/全長13cm前後


シシャモ[柳葉魚]

“本物のシシャモ”は北海道太平洋沿岸のものだけ

 シシャモは北海道の太平洋沿岸の水深120mより浅いところにしか分布していない日本固有の魚です。
 10月中旬~11月下旬になると特定の河川に群れを成して遡上し、河口から1~10km上流の砂れきの川底で産卵します。遡上する河川は胆振地方の鵡川、日高の沙流川、十勝川、釧路地方の茶路川、阿寒川、新釧路川、別寒辺牛川、尾幌分水川などで、日高沿岸と、釧路・十勝沿岸に分布する群れとでは遺伝的に異なることが確かめられています。厚岸沿岸に分布する群れも脊椎骨数などが異なることから、別な群れと考えられています。
 産卵行動は雄雌1尾ずつで行われ、雌は複数の雄とペアを組み数回に分けて産卵します。孵化後1年半を経過した2年魚の多くが産卵のために河川に遡上します。
 調理法は干したシシャモを焼いて食べるのが一般的です。なお、市場に大量に出回っているのは「カラフトシシャモ(カペリン)」と呼ばれる代用品です。

■分布図

分布図

太平洋側(胆振、日高、十勝)。北海道の太平洋沿岸のみに分付する固有種

■漁獲時期

漁獲時期

釧路・十勝10月~11月、日高・胆振10月

■漁法

ししゃもこぎ網漁業[外部リンク]

刺し網漁業[外部リンク]

小型定置網漁業[外部リンク]

沖合い底びき網漁業[外部リンク]


■関連サイト

釧路市漁業協同組合 ししゃも大辞典[外部リンク] シシャモの生態はもちろん、漁法、資源調査、風物詩からホンモノ(日本固有のさかな)のシシャモの見分け方等を詳しく解説します。
シシャモふ化放流[外部リンク] シシャモの孵化や放流の様子を紹介します。
魚こよみ ししゃも(シシャモ)[外部リンク] 釧路市漁業協同組合
 鵡川ししゃも[外部リンク] むかわ町
むかわのししゃも[外部リンク] 鵡川漁業協同組合
おさかなQ&A シシャモとカラフトシシャモ[外部リンク] 財団法人 水産物市場改善協会
日高のさかなたち No.4 ししゃも 日高振興局
ししゃも豆知識 十勝総合振興局
ししゃもこぎ網の目合選択性試験[外部リンク] 地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部(栽培水産試験場)

■料理レシピ

ししゃもの香り揚げオレンジソース[外部リンク] 北海道ぎょれん
十勝産ししゃも 料理レシピの紹介 十勝総合振興局

■栄養成分

食品成分データベース[外部リンク] 文部科学省 食品成分データベース

■シシャモ取扱漁協

鵡川漁業協同組合[外部リンク]

鵡川ししゃも
シシャモ漁期(10月上旬~11月中旬)に漁獲されたものを「生干し」して数量限定でインターネット販売しています。商品名の「鵡川ししゃも」は地域団体商標にも認定されています。

ひだか漁業協同組合[外部リンク]

柳葉魚
日高沿岸で漁獲された新鮮なシシャモを使った干しシシャモ製品です。ひだか漁協では高鮮度を保つ船上沖詰めの生シシャモにも取り組んでいます。

広尾漁業協同組合

天然ししゃも
シシャモは北海道の十勝と日高の限られた川にしか遡上しない希少な魚。十勝川を母川とするシシャモを広尾前浜で漁獲し、浜直結の加工場で一夜干した商品です。

大樹漁業協同組合

北海道大樹産ししゃも
北海道ならではの新鮮な天然シシャモを一夜干しにし、脂ののり良くふっくらと仕上げた商品です。

釧路市漁業協同組合[外部リンク]

釧路産ししゃも天日干し
釧路産シシャモを天日干しした商品で、オスメスセットとメスだけの商品があります。お腹にたっぷり卵の入ったメスの人気が高いですが、身が引き締まり独特の味わいがあるオスにも注目です。

釧路市東部漁業協同組合[外部リンク]

釧路産ししゃも 天日干し
釧路産シシャモの天日干しした商品で、オスメスセットとメスだけのものをご用意しています。お腹にタップリ卵の入ったメスの人気が高いですが、身が引き締まり圧砕した中にも独特の味わいがあるオスも絶品です。酒の肴に、おかずにおすすめの逸品です。