スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  マアナゴ[真穴子]


最終更新日:2018年6月06日(水)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム魚の名前検索一覧魚の名前検索 詳細
北海道お魚図鑑
魚の名前検索 詳細
ここからページの本文です

魚の知識・分布図・漁獲時期・漁法・関連サイト・料理レシピ・栄養成分・逆引き辞書・取扱漁協などを詳しく紹介します。

■マアナゴ[真穴子]

地方名:ハモ

アナゴ科/全長 雄:約35cm、雌:約43cm


マアナゴ[真穴子]

ウナギに似ているが、アナゴ科の中では最も美味

 ウナギに似た細長い体形で腹びれとうろこがありません。両顎の歯は門歯状で多く、下顎が上顎に隠れるのも特徴です。
 内湾の海藻が茂った砂泥底に穴を掘ってすみ、昼間は穴に潜っていますが夜に出てきて餌をとります。
 春~秋の産卵期になると日本列島の南西海域に移動し、一度にすべての卵を産んでそのまま息絶えるとされています。
 はえ縄、手釣り、ひき網、打瀬網、かごなどで漁獲されます。津軽海峡から噴火湾にかけて、春から秋に港の岸壁などから夜釣りを楽しむこともできます。
 旬は夏と冬。アナゴ科の中では最も美味といわれ、かば焼き、天ぷら、寿司ねた、甘煮などに調理され、カマボコの原料にもなります。北海道ではハモとも呼ばれることもあります。

■分布図

分布図

津軽海峡周辺~噴火湾、室蘭、苫小牧

■漁獲時期

漁獲時期

周年 ※上磯地区(7月~10月)

■漁法

まあなご(はも)どう漁業[外部リンク]

はえ縄漁業[外部リンク]

手釣り[外部リンク]

打瀬網漁業[外部リンク]

ひき網漁業[外部リンク]

かご漁業[外部リンク]


■関連サイト

水生生物データベース[外部リンク] 水産総合研究センター
おさかなシート マアナゴ[外部リンク] 財団法人 水産物市場改善協会
おさかなQ&A のれそれ[外部リンク] 財団法人 水産物市場改善協会

■栄養成分

食品成分データベース[外部リンク] 文部科学省 食品成分データベース