スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  漁業経営改善制度について

北海道の分類: 産業・経済 > 水産業 > 漁業経営・流通

最終更新日:2017年7月21日(金)


漁業経営改善制度について


漁業経営改善制度について

 

 漁業経営改善制度は、「効率的かつ安定的な漁業経営の育成」を図るため、「漁業経営の改善及び再建整備に関する特別措置法」に基づき、平成14年度に創設されました。

 この制度は、効率的で収益性の高い漁業経営を目指す皆さんの経営改善の取組を支援するものです。制度の活用にあたっては、皆さんが「漁業経営改善計画」を策定し、行政庁から認定を受ける必要があります。

 

○漁業経営改善制度における主な支援のメニュー

 本制度の認定を受けた方は、次のような支援措置を活用することができます。

1 経営改善に必要な設備資金及び長期運転資金の融通(漁業経営改善支援資金)

2 経営改善に必要な短期運転資金の融通(漁業経営改善促進資金)

3 漁業信用保証保険の優遇措置((独)農林漁業信用基金による保証保険のてん補率の引き上げ)

4 補助事業による支援(国の利子助成により、近代化資金等の制度資金が実質無利子化) 

 

・漁業経営改善計画について(水産庁へのリンク)


(お問い合わせ先)

 北海道水産林務部水産局水産経営課組合・金融グループ (電話 011-204-5462)