道産水産物輸出

平成27年11月1日より原産地証明書等の申請に必要な書類が変更されて
おります。(申請様式・添付書類)
詳しくはそれぞれのページをご確認下さい。

    道産水産物を輸出するためには、相手国からの求めに応じ、国や北海道が発行する各種証明書が必要な場合があります。

  北海道水産林務部水産経営課で発行している各種証明書及び関連する輸出手続きは次のとおりです。

 相手国

 分類     

 輸出に必要な書類      

 証明書・施設登録の申請先

 中国


 活水産物
 詳細の手続きはこちら

輸出証明書 

水産庁加工流通課又は
北海道水産林務部水産経営課

原産地証明書及び
放射性物質検査合格証明書
 

 活水産物以外
 詳細の手続きはこちら

衛生証明書                            ※施設登録が必要

厚生労働省
    北海道厚生局食品衛生課
原産地証明書及び
放射性物質検査合格証明書
水産庁加工流通課又は
北海道水産林務部水産経営課

漁獲証明書 (サケ類に限る)         

漁獲証明書(中国経由EU向けのサケに限る)

 韓国




冷凍食用鮮魚類頭部及び冷凍食用鮮魚介類内蔵
 詳細の手続きはこちら

 

衛生証明書             ※施設登録が必要

厚生労働省
    北海道厚生局食品衛生課
 

原産地証明書

水産庁加工流通課又は
北海道水産林務部水産経営課
 
上記以外の
水産物及び加工品
 詳細の手続きはこちら
原産地証明書 水産庁加工流通課又は
北海道水産林務部水産経営課
水産動物健康証明書          ※活ホタテガイに限る  各(総合)振興局水産課 

 ベトナム


活水産動物
 詳細の手続きはこちら

食用水産品証明書

水産庁加工流通課

活水産動物以外
(加工品)
 詳細の手続きはこちら

衛生証明書          ※施設登録が必要

登録施設管轄の保健所
※施設登録の書類提出先は
  北海道水産林務部水産経営課

 台   湾

new       水産物及び加工品      詳細の手続きはこちら

輸出に係る確認書       (原産地証明)

水産庁加工流通課又は
北海道水産林務部水産経営課
 

注1

  中国、韓国及び台湾向けのカニの輸出に関する原産地証明書は、水産庁のみが発行
しているので、水産庁加工流通課へ発行申請願います。
 (詳細→ 中国こちら、韓国:こちら、台湾:こちら) 

注2

   上記以外への国・地域への輸出手続きについては、水産庁ホームページまたは
厚生労働省ホームページをご覧願います。

 

PDFファイルをご覧になるためには、AcrobatReaderが必要です。
  
AcrobatReaderが必要な方は、こちらへ。無料配付ダウンロードサイトにジャンプします。

AcrobatReader

    ライン

     水産経営課のホームページに戻る →         home