スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 林業木材課 >  北海道産の木材を使った「木のショールーム」


最終更新日:2017年3月06日(月)


北海道産の木材を使った「木のショールーム」


北海道の地材地消・森林バイオマス

このページは利用推進グループが管理しています。

木のショールーム


北海道庁本庁舎1階にある「木のショールーム」は、道産木製家具や、木製品の良さを知っていただくために、平成19年4月にオープンしました。

平成25年3月には、北海道産のナラ、圧縮トドマツを使ったフローリングや、トドマツ、カラマツ、道南スギを使ったクロスパネルを新たに設け、より、ゆっくりくつろぎながら木の良さを体感していただけるスペースになりました。

ショールームには、隣接してコーヒーショップもあり、木に囲まれた空間の中で軽食を取ることもできます。

また、ショールームの一角にはペレットストーブ(冬には燃焼実演もしています)や、道産木製品などの展示コーナーのほか、北海道産の間伐材を原料とした紙コップを使用した自動販売機も設置しています。

開館時間 8:15~18:30(土日祝日を除く。コーヒーショップの営業時間と同じです)
 

クロスパネル

東側

ペレットストーブ

フローリングの上には道内で作られた木製家具を展示。クロスパネルの内側部分はカウンターテーブルになっています。

東側部分はフローリングはありませんが、大きな窓のある高い空間に、机やイスなどの木製家具を展示しています。

北東の角に、ペレットストーブと道産木製品などの展示品コーナーがあります。冬になるとストーブの燃焼実演もしています。

フローリング

自動販売機

北海道産間伐材を使った紙コップ

左上がトドマツの圧縮木材、右下がナラのフローリングです。それぞれ、41m2、64m2あります。 ショールーム内にある、飲料の自動販売機です。道産間伐材を使った紙コップで商品を提供しています。 左の自動販売機で使っている紙コップです。なお、同じものが11階、13階塔屋でも使用されています。

木のショールームに関するお問い合わせは、
 北海道水産林務部林務局林業木材課利用推進グループ 011-204-5492

圧縮フローリングに関するお問い合わせは、
 
(地独)北海道立総合研究機構森林研究本部 林産試験場技術部製品開発グループ 0166-75-4233