スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 林業木材課 >  「災害時における物資の供給に関する協定」を締結しました


最終更新日:2017年10月24日(火)


「災害時における物資の供給に関する協定」を締結しました


協定書署名後の丸玉産業(現:丸玉木材)大越社長と高橋知事丸玉産業(現:丸玉木材)大越社長と高橋知事。締結直後の協定書を持って。

 道は、災害時における家屋の修理等に要する物資を調達するために、平成29年8月23日、丸玉木材株式会社(津別町)と、「災害時における物資の供給に関する協定」を締結しました。
(※締結時点では、「丸玉産業株式会社」でしたが、平成29年10月1日付けで社名を「丸玉木材株式会社」に変更しています)


丸玉木材株式会社について

名称 丸玉木材株式会社
※平成29年10月1日、「丸玉産業株式会社」から社名変更
代表者 代表取締役社長 大越 敏弘
設立  明治35年
所在地  本社:網走郡津別町字新町7番地
工場:津別工場、茨城工場、舞鶴工場
従業員数  827名(関連会社等を含む。平成28年9月現在)
業種 構造用・内容用合板、LVL製造

※LVL… 単板積層材。単板を繊維方向を揃えて積層、接着した軸材料の木質材料。    英語表記『Laminated Veneer Lumber』の頭文字を取って、LVLと呼ばれます。

丸玉木材株式会社のホームページは、  こちらをクリック   

  • 協定の概要

    ○ 災害時の応急対策用資材として、道からの要請により、丸玉木材株式会社が生産している合板を被災市町村に供給
    ○ 平常時から相互の連絡体制及び物資の供給等について情報交換


    物資供給の仕組み
    協定に基づく丸玉木材から被災市町村への合板供給の流れ


    協定締結による効果

       物資供給の体制をあらかじめ定めておくことで、災害時に物資の必要数を早期に把握し、提供することが可能となり、家屋の修理など被災地の早期復旧等が期待されます。