スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 林業木材課 >  公共土木工事における間伐材利用の取組


最終更新日:2017年1月05日(木)

北海道の地材地消・森林バイオマス

このページは利用推進グループが担当しています

公共土木工事における間伐材利用推進指針

 道では、平成12年度から公共事業を行う農政部、建設部、水産林務部が連携し、「木材利用推進委員会公共土木部会(平成22年3月改組:旧間伐材利用促進庁内連絡会議)」を設置して、公共土木工事における間伐材の利用促進に取り組んでいます。
 道自らの取組として、「公共土木工事における間伐材利用推進指針」を策定し、公共土木工事への間伐材の利用を推進しています。

「公共土木工事における間伐材利用推進指針」(PDFファイル)


 これまでの取組

・第1期(期間:平成12年度~平成14年度)
 「公共土木工事等における間伐材の利用拡大について」を策定(平成13年1月15日)
  目標:平成11年度の使用実績を平成14年度実績で2倍にする。
  実績:平成11年 9万㎥ → 平成14年 18万㎥ 目標達成

・第2期(期間:平成17年度~平成19年度)
 「公共土木工事における間伐材利用推進指針」を策定(平成18年2月9日)
  目標:重点的に間伐材の利用を推進する工種・工法について、木製の使用目標割合を定め、
      間伐材の利用を推進する。(柵工、法面工等の工種ごとの達成率を示す。)
  実績:96%~100%の目標達成
                                                                                 

・第3期(期間:平成20年度~平成24年度)
 「公共土木工事における間伐材利用推進指針」を改定(平成20年7月7日)
  主な改定内容
  (1)計画期間を「北海道間伐等推進計画」と整合。
  (2)重点的に間伐材の利用を推進する工種・工法の見直し。
  (3)「工事現場での環境配慮の取組」として木質バイオマス利用の促進。
 

公共土木工事における間伐材利用事例


 関連するページ

公共土木工事における木材使用計画

土木工事における木材・木製品使用マニュアル

土木用木材木製品製造企業一覧