スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 林業木材課 >  北海道高性能林業機械化基本方針


最終更新日:2019年7月04日(木)


  北海道高性能林業機械化基本方針

 北海道高性能林業機械化推進協議会

     北海道では、平成5年5月に「北海道高性能林業機械化基本方針」を策定し、これまでに平成15年と平成21年に2回改定を行い、北海道における高性能林業機械をより効果的に活用できる機械化の推進方向を示してきましたが、令和元年度に北海道における高性能林業機械の現況やこれまでの課題等について整理し、安全性に配慮した作業システムや林業の生産性向上策等について学識経験者や林業関係者等の意見を幅広く聴取し「北海道高性能林業機械化基本方針」を改訂するため、「北海道高性能林業機械化協議会」を設置しました。

【推進協議会の設置】

  北海道高性能林業機械化推進協議会開催要領

   構成員名簿

【第1回推進協議会】

   ○日 時  令和元年(2019年)6月7日(金)  14時00分から17時00分まで

   ○場 所  北海道庁別館西棟3階1号会議室(札幌市中央区北3条西7丁目)

   ○次第等  次第、出席者名簿、配席図(pdf)

 ○配布資料  
  資料1~資料4(pdf)
  資料5(pdf)
  資料6~資料7(pdf)

 ○議事概要

 北海道高性能林業機械化基本方針

   北海道内では、高性能林業機械の導入が積極的に進められており、森林作業現場で高性能林業機械を目にすることは当たり前となっています。

  しかし、ヨーロッパなどに比べると生産性が低く、森林環境に十分に配慮しつつ、北海道に適した効率的な作業システムの構築や事業量の安定確保、技術者の育成など、高性能林業機械をより効果的に活用できる取り組みを促していく事が重要です。  

  このため、北海道林業の再生に向け、道としての林業機械化の推進方向を示すこととし、平成 5年に策定(平成15年改定)した「北海道高性能林業機械化基本方針」を平成21年 5月に全面的に改定しました。

○ 北海道高性能林業機械化基本方針

            (平成21年5月改定) (PDF 1,244KB)         

   <内容> 

   1 森林・林業の現状と課題 

   2 林業機械化の現状と課題 

   3 人工林時代に対応した機械作業システムの構築

   4 今後の目標                                        

 

 

 

 

 

  

アイコン   高性能林業機械について、お知りになりたい場合は、こちらをクリック

   ↓

林野庁ホームページ内「高性能林業機械とは」へ

 

お問い合せ先                           北海道水産林務部林務局林業木材課事業体育成グループ  〒 060-8588   札幌市中央区北3条西6丁目          電話:(直通)011-204-5503