スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 林業木材課 >  北海道の木質バイオマスエネルギー_知識


最終更新日:2017年7月03日(月)

北海道の地材地消・森林バイオマス

このページは木質バイオマスグループが管理しています。

バイオマスエネルギーって?

バイオマスとは

 bio(生物)とmass(量)を合わせた用語で、「生物量」、「生物の現存量」、「生物の総量」などと訳されます。特に、「バイオマス・エネルギー」として使われるときは、「太陽のエネルギー(光合成等)によって、成長する動物や植物などのうち、化学変化などによって、エネルギーに変換できる有機性資源」のことを言います。
 代表的な例として、人間や家畜などの糞尿、食物残さ(食べ残しなど)、木材などです。
 北海道では、バイオマスのうち樹木の枝や葉、幹などの全部又は一部を木質バイオマスとしています。
 現在、木質バイオマスは幹の一部を柱などの製材として利用していますが、柱などに適さない細い木(除伐木)、枝や葉などは利用されずに、そのまま森林に放置されています。これらの未利用の木質バイオマスの有効活用を図るため、燃やすことで熱を得たり、化学変化せせることでガスや液体燃料を取り出して利用しようとしています。

(林内に残されている枝や葉など)

利用の方法

 大きく分けて2種類の方法があります。

 <直接燃焼による方法>
 加工が容易で、特別な設備が不要なため古くから利用されていた「薪(まき)」があります。
 さらに加工したものとして「チップ」や「木炭」などがありますが、近年注目を浴びているのは「木質ペレット」です。木質ペレットの特徴は、
 ・含水率(木材中に含まれている水分の率)が低く、利用可能な熱が多い。
 ・同じような形状をしているため、ストーブなどの燃焼機器で自動的に燃焼が可能。
 ・圧縮しているので輸送が容易等のメリットがあります。

           

         (木材チップ)                             (木炭)

<化学変化により利用する方法>
 木材からガスを抽出したり、エタノールなどの液体燃料を取り出し、これを利用する方法です。
 この方法はエネルギーの利用効率が高くなる等のメリットがありますが、製造するためには特別な施設が必要になります。
 近年、CHP(Combined Heat and Power:コジェネレーションとも言う)が注目されております。
 これは、木質バイオマスを燃焼させることで得られる熱で蒸気を発生させ、その蒸気でタービン発電を行う方法や、木材中に含まれる水素などを利用して、タービンやエンジンなどで発電を行う方法があります。
 電力の他、余熱を暖房等の熱源として利用するシステムで、発電のみの場合や熱利用のみの場合と比較してエネルギー効率が高くなります。

<ペレットについて詳しく知りたい方は>
  →北海道立林産試験場のページへ

温室効果ガスの削減効果

 私たちが生活する上で、電気や熱などのエネルギーはなくてはなりませんが、これらのエネルギーを発生させるために、石油や石炭などの化石燃料を利用します。
 樹木を植えることで、二酸化炭素を吸収・固定させることが世界的に行われていますが、排出される二酸化炭素を全て森林の吸収・固定機能に依存すると、広い面積の人工林を毎年作ることが必要になります。
 木質バイオマスエネルギーは、人工林からもたらされる恵みの一部を活用することで、炭素の循環が可能になり、二酸化炭素を今まで以上に増加させないことになります。

 私たちが1年間に排出する二酸化炭素の量は、3.56トンとされていますが、このうち、家庭から排出される、二酸化炭素の量は0.73トンになります。
 この、0.73トンのうち、約3分の2が灯油の利用によることから、もし、灯油による暖房を木質ペレットなどの木質バイオマスエネルギーに変えることで、相当量の二酸化炭素の排出が削減可能です。
 また、一般的な2階建て住宅に必要な木材の総体積は20~25mですが、 これは4~5t-C(道民約50~60人が1年間に呼吸で放出する量) に相当します。
 このように、私たちが生活する中で木材を上手に利用することで、二酸化炭素をこれ以上増加させない生活を送ることが可能です。