スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 林業木材課 >  林地残材の効率的な集荷システムづくりモデル事業


最終更新日:2020年9月23日(水)

北海道の地材地消・森林バイオマス

このページは木質バイオマス係が管理しています。

林地残材の効率的な集荷システムづくりモデル事業

 道では、未利用資源である林地残材等の木質バイオマスの利用を促進するため、地域における林地残材の効率的な集荷システムを構築することが重要であることから、木質バイオマス資源活用促進事業の一環として、平成20年度から平成21年度に作業システムの低コスト化を目指した林地残材の集荷実証事業を実施しました。
 事業の概要等は次のとおりです。

 

【事業の概要】

林地残材の効率的な集荷システムづくりモデル事業概要(PDF形式)

 

【事業報告書】

 ○ 平成20年度林地残材の効率的な集荷システムづくりモデル事業報告書(PDF形式)
         ・ 表紙 ~ 10ページ
         ・ 11ページ ~ 32ページ
         ・ 33ページ ~ 40ページ
         ・ 41ページ ~ 62ページ

  ○ 平成21年度林地残材の効率的な集荷システムづくりモデル事業報告書(PDF形式)       
         ・ 表紙 ~ 10ページ
         ・ 11ページ ~ 26ページ
         ・ 27ページ ~ 34ページ
         ・ 35ページ ~ 49ページ

 ○ 林地残材集荷システムの構築に向けて(普及版)   

 

 

【お問い合わせ先】

北海道水産林務部林務局林業木質バイオマス係(電話011-204-5502)
または事業体が所在する支庁産業振興部林務課