スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 漁港漁村課 >  海岸保全施設等の設計に用いる津波の水位について


最終更新日:2019年11月15日(金)


海岸保全施設等の設計に用いる津波の水位について


空

太平洋沿岸における海岸保全施設等の設計に用いる
津波の水位について

 
 
道では、福島町から羅臼町にかけての太平洋沿岸の各地域の「海岸保全施設等の設計に用いる津波の水位(設計津波水位)」を設定しました。
 設計津波水位とは、数十年~百数十年に一度程度発生する規模の津波に対して海岸堤防等の高さを検討する上での目安となる水位です。
  

  

 ■太平洋沿岸における海岸保全施設等の設計に用いる津波の水位について

 ■参考資料
  ○ 議事概要
  ○ 01_設計津波水位の流れ
  ○ 02_設計津波の対象津波群の選定
  ○ 03 設計津波水位の計算
      (1)渡島管内
      (2)渡島~胆振管内
      (3)日高~十勝管内
      (4)釧路~根室管内
  ○ 04_設計津波水位一覧

 ■担当部局
  建設部土木局河川砂防課災害復旧・海岸グループ
  農政部農村振興局農村整備課防災災害グループ
  水産林務部水産局漁港漁村課海岸漁港事業グループ

このページの情報はオープンデータとして自由に二次利用することが可能です。(CC-BY
利用する場合には出所明示を行ってください。詳しくは北海道オープンデータ利用規約をご確認ください。また、北海道のオープンデータは、「北海道オープンデータポータル」にも登録していますのでご覧ください。

トップ アイコン
漁港漁村課の
ホームページへ


 海と文字