北海道のフィッシングルール

2016                

 

北海道のフィッシングルール「Rule&Manner」の配布を行ってます。

  フィッシングルール「Rule&Manner」は、各(総合)振興局水産課(上川・空知は林務課)、
及び道庁漁業管理課で配布しています。
  郵送を希望される方には、返送用の封筒と返送料金をご負担いただいております。
  郵送を希望される場合は、返送用の封筒(角形3号)に、ご希望冊数に応じた切手を貼り、
郵便番号、住所、氏名を記載の上、それを別封筒に入れて、道庁まで送付してください。
  送付いただいた返送用封筒に「フィッシングルール」を入れ、返送します。

                 (切手)
                1冊の場合:140円       2冊の場合:205円
                3冊~4冊の場合:250円   5~9冊の場合:400円
                
(道庁宛先)
                060-8588  札幌市中央区北3条西6丁目
                北海道水産林務部水産局漁業管理課サケマス・遊漁内水面グループ
                TEL 011-204-5485(直通) 

                                                  Web版はこちらです→釣り人
                           
 
ご注意ください!
河川・湖沼でのサケ・マス釣りは禁止です!!

 北海道の内水面(河川・湖沼)では、水産資源保護法・北海道内水面漁業調整規則により、サケ・マスの採捕が
禁止されています。サケ・マスを採捕しようという行為そのものが禁止されていますので、サケ・マスを狙って採捕
した場合は、リリースしても犯罪となります。
  「採捕」とは、「水産動植物を自らの支配下に置く行為」を指します。「支配下に置く行為」には、魚篭に入れる行
為はもちろん、針に掛ける行為も含みます。
  また、「採捕を禁止された魚」がその水域で釣れる可能性が高い場合や明らかに「採捕を禁止された魚」を狙い
とした仕掛けをしている場合は、実際に釣れていなくとも「支配下に置く行為」として、違法の扱いを受けることがあ
ります。
 
ヤマべについても、採捕禁止期間、および採捕禁止区域においては、同様の扱いとなりますのでご注意下さい。
  釣りに関係する様々なルールの詳細については、 フィッシングルールをご覧下さい。

ご注意ください!
ブラウントラウト、カムルチー及びカワマスの放流は禁止されています。

 ブラウントラウト、カムルチー及びカワマスは強い魚食性を持つことなどから、道内の河川や湖沼に放流されると、そ
の生態系に多大な影響を与えると考えられます。
 北海道では、北海道内水面漁業調整規則により移植(魚、卵を放流すること)を禁止しており、移植を行った者には
最大6か月の懲役及び10万円の罰金が科されます。
 規則の遵守とともに、周りの人々への呼びかけ等、ご協力をお願いします。
 万が一これら外来魚を釣り上げた場合は、最寄りの(総合)振興局水産課または道庁漁業管理課にご連絡ください。
 また、上記魚種の密放流や釣獲等に関する情報がありましたら、メール・電話等でお寄せください。
○参考~北海道内水面漁業調整規則 関係条文
 (移植の禁止)
第49条 次に掲げる魚種(卵を含む。)を内水面に移植してはならない。
 (1) ブラウントラウト
 (2) カムルチー
 (3) カワマス
第55条 次の各号のいずれかに該当する者は、6月以下の懲役若しくは10万円以下の罰金に処し、又はこれを併科
する。
(1) …(中略)…、第49条、…(中略)…の規定に違反した者
…以下略…

 ブラックバス、ブルーギル、ウチダザリガニ等は特定外来生物による生態系等に係る被害の防
止に係る法律「略名称:外来生物法」(環境省・農林水産省)で指定されており、許可を受けずに
「飼育、栽培、保管、運搬、販売、譲渡、輸入、野外に放つこと」などを行うことが禁止されています。


外来生物法ホームページ 
http://www.env.go.jp/nature/intro/
※外来生物法に関する詳細については、環境省にお問い合わせください。

○移植禁止外来魚についての詳細はこちら