スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 税務課 >  新元号の表記


最終更新日:2019年5月01日(水)

新元号の表記について    

 

新元号の表記に関するお知らせ

新元号への移行について

天皇の退位等に関する皇室典範特例法(平成29年法律第63号)に基づく皇位の継承に伴い、本年5月1日から元号が「令和」に改められました。

新元号への移行に伴い、道税ホームページや申告書等の各種様式を順次更新してまいります。

 

道税に関する文書等の取扱いについて

年の表記について

  • 4月30日までに発送した文書等については、5月1日以降の元号を「平成」と表記しています。
  • 5月1日以降に発送する文書等については、元号を「令和」と表記します。

年度の表記について

  • 4月30日までに発送した文書等については、5月1日以降の年度を「平成31年度」と表記しています。
  • 5月1日以降に発送する文書等の年度については、原則「令和元年度」と表記することとしていますが、事務処理の都合により、今年度中において発送する自動車税納税通知書など一部の文書につきましては、「平成31年度」と表記していますので、ご理解いただきますようお願いします。

「平成」が表記された文書等の効力について

  • 4月30日までに発送した文書等について、5月1日以降の元号が「平成」と表記されている場合でも、法律上の効力に影響はありません。
  • 皆様から提出された申告書等については、5月1日以降において「平成」の元号を表記した場合でも有効です。
    •  

      このページに関するお問い合わせ先

      北海道総務部財政局税務課

      Tel:011-204-5060

      Fax:011-232-3798

      E-mail:somu.zeimu1@pref.hokkaido.lg.jp

      (迷惑メール対策のため、@を全角にしています。)