スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 税務課 >  ニセ税務職員・還付金詐欺にご注意ください


最終更新日:2020年12月15日(火)

ニセ税務職員・還付金詐欺にご注意ください!!  

ニセ税務職員・還付金詐欺にご注意ください!!

注意していただきたい事項

税務職員を装い、納税者から現金をだまし取る、詐欺事件が発生していますので、ご注意願います。


次のような事例が発生しております。

  1. 税の徴収職員を名乗る人物が居宅を訪問し、「道税に滞納があるので至急納税するよう」催告される。
  2. 住人がその場で現金を手渡すと、訪問者は「領収書は後日送付する。」と説明し、その場から立ち去る。

<重要>

徴収職員は、必ず「徴税吏員証」を携帯していますので、提示を求めてください


徴収職員が税金を受け取ったときは、領収書をその場で発行します。訪問者に税金を渡す際には領収書の発行を確認してください。

税務職員を装い、税金の還付があるとして、電話で振込先金融機関名、口座番号等を照会するという事例が多発しておりますので、ご注意願います。


平成28年7月、次のような事例が報告されています

  1. 3年分の税金が払いすぎているため還付になるが、通帳とキャッシュカードを持っているか。
  2. 振込みができないので、ATMの前に行ってから連絡がほしい。(実際にATMの前に行くと、言葉たくみに口座番号を聞き出し、振り込みするよう誘導する。)

平成15年には、札幌国税局で同様の報告がされています。

国税に関する不審電話や振り込め詐欺につきましては国税庁のホームページをご覧ください。


<重要>

税務職員は還付金受取のために金融機関等の現金自動預け払い(ATM)の操作を求めることはありません。

還付金受取のために現金自動預け払い機(ATM)の操作を求められるなど、不審な電話があった場合は、指示された電話番号(フリーダイヤル)に連絡することなく、総合振興局、振興局又は道税事務所にお問い合わせください。