スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 税務課 >  狩猟税


最終更新日:2018年3月08日(木)

狩猟税   


↑申請書類


狩猟税とは?

 狩猟者の登録を受けることによって、狩猟ができる資格を得ることに対して課税されるもので、鳥獣の保護や狩猟に関する費用に充てられる目的税です。 

納める人

 道内で狩猟をするため、狩猟者の登録を受ける人

納める額
 
区分税率
第一種銃猟免許に係る狩猟者の登録を受ける人 個人道民税の所得割額を納める人 年額16,500円
上記以外の人(控除対象配偶者、扶養親族を除く。) 年額11,000円
網猟免許及びわな猟免許に係る狩猟者の登録を受ける人 個人道民税の所得割額を納める人 年額8,200円
上記以外の人(控除対象配偶者、扶養親族を除く。) 年額5,500円
第二種銃猟免許に係る狩猟者の登録を受ける人 年額5,500円
 
 ※ 個人道民税に関する証明方法にマイナンバーを利用する場合は、こちらをご覧ください。

 ※ 次の措置が平成31年3月31日まで講じられます。
  (1) 道内の市町村に所属する対象鳥獣捕獲員及び認定鳥獣捕獲等事業者(道の区域を対象として許可を
   受けた事業者に限ります。)の従事者には、狩猟税は課されません。
  (2) 狩猟者登録を申請する日前1年以内に、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律第9条
   第1項の許可(鳥獣の管理の目的でする鳥獣の捕獲等に係るもので、道の区域を対象とするものに限りま
   す。)を受けて当該許可に係る鳥獣の捕獲等を行った場合における狩猟税の税率は2分の1になります。
納税

 狩猟税は、狩猟者の登録を受けるときに、狩猟者登録申請書に狩猟者登録の区分に応じた税率に相当する額の現金を添えて、総合振興局又は振興局の納税(税務)課で納めます。

※北海道に納付する狩猟税は、狩猟者登録手数料等の納付に用いる「北海道収入証紙」によって納めることができませんのでご注意ください。

問い合わせ先

    総合振興局又は振興局へご連絡ください。(総合振興局等一覧を参照)               


 北海道総務部財政局税務課
 
戻る