ホーム > 総務部 > 税務課 >  グリーン化特例


最終更新日:

個人住民税の寄附金控除について  

グリーン化特例

グリーン化特例とは?

地球温暖化や大気汚染を防止する観点から、環境負荷の小さい自動車の開発・普及を促すため、排出ガス及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車は自動車税種別割の税率を軽減する一方、新車新規登録から一定年数を経過した環境負荷の大きい自動車は自動車税種別割の税率を重くする税率の特例措置が実施されています。


なお、自動車の排気量に応じて毎年課税される自動車税は、令和元年(2019年)10月1日から「自動車税種別割」に名称が変更となりました。


環境負荷の小さい自動車に対する自動車税種別割の軽課

新車新規登録の時期 軽減期間
平成30年(2018年)4月1日~平成31年(2019年)3月31日 令和元年度(2019年度)分
平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日 令和2年度(2020年度)分
対象自動車 燃費基準値達成度等 軽減される割合

電気自動車、燃料電池自動車、一定の天然ガス自動車、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル自動車

税率を概ね75%軽減
(新車新規登録の翌年度のみ)

平成30年排出ガス基準50%低減(ステッカー)
平成30年(2018年)排出ガス基準
50%低減達成車

または

平成17年排出ガス基準75%低減(ステッカー)
平成17年(2005年)排出ガス基準
75%低減達成車


2020年度燃費基準+30%達成車(ステッカー)
令和2年度(2020年度)燃費基準
+30%以上達成車

2020年度燃費基準+10%達成車(ステッカー)
令和2年度(2020年度)燃費基準
+10%以上達成車

税率を概ね50%軽減
(新車新規登録の翌年度のみ)

環境負荷の大きい自動車に対する自動車税種別割の重課

対象自動車 令和元年度(2019年度)分 令和2年度(2020年度)分
ガソリン車
LPG車
賦課期日(4月1日)現在、新車新規登録後13年を超えるもの
【初度登録年月が「平成18年(2006年)3月」までのもの】
賦課期日(4月1日)現在、新車新規登録後13年を超えるもの
【初度登録年月が「平成19年(2007年)3月」までのもの】
ディーゼル車 賦課期日(4月1日)現在、新車新規登録後11年を超えるもの
【初度登録年月が「平成20年(2008年)3月」までのもの】
賦課期日(4月1日)現在、新車新規登録後11年を超えるもの
【初度登録年月が「平成21年(2009年)3月」までのもの】
税率
  • 乗用車、三輪の小型自動車、キャンピング車等の税率を概ね15%重課
  • バス、トラック、霊きゅう車等の税率を概ね10%重課
適用対象外
  • 電気自動車
  • メタノール自動車
  • 天然ガス自動車
  • 一般乗合用バス
  • 被けん引自動車
  • ハイブリッド自動車のうちガソリンを燃料とするもの

<注意>

特種用途自動車(8ナンバー)については、札幌道税事務所自動車税部にお問い合わせください。


グリーン化特例に関する問い合わせ先

グリーン化特例については、札幌道税事務所自動車税部で取り扱っています。


札幌道税事務所自動車税部

〒001-8588 札幌市北区北22条西2丁目

電話番号 (011)746-1190


北海道総務部財政局税務課

E-mail:somu.zeimu1@pref.hokkaido.lg.jp

(迷惑メール対策のため、@を全角にしています。)