スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 税務課 >  バイオディーゼル燃料の混和について


最終更新日:2019年4月12日(金)

バイオディーゼル燃料の混和について  

バイオディーゼル燃料の混和について

バイオディーゼル燃料の混和

軽油などの炭化水素油に、バイオディーゼル燃料に(廃食油、パーム油などの植物油から製造される燃料)を混和して軽油又は燃料炭化水素油を製造し、販売 ・ 譲渡 ・ 消費する場合は軽油引取税の課税対象となります。

 

承認制度

バイオディーゼル燃料に軽油などの炭化水素油を混和する場合や、そのバイオディーゼル燃料混和油を販売・譲渡・消費する場合は、原則として事前に知事の承認が必要です。

なお、事前に知事の承認を受けない場合は、地方税法上の罰則規定(懲役・罰金)が適用されます。

 

バイオディーゼル燃料の混和に関する問い合わせ先

軽油などの炭化水素油にバイオディーゼル燃料を混和するときは、事前に最寄りの 総合振興局、振興局または道税事務所までご相談ください。

 

その他

揮発油等の品質の確保等に関する法律の一部を改正する法律(平成20年法律第48号)により、ガソリンまたは軽油にバイオ燃料を混合する事業者に対し、登録及び品質確認を義務付ける改正が行われました。
   詳しくは、下のバナー(経済産業省北海道経済産業局ホームページ)をクリックしてください。

バイオ燃料とガソリン・軽油を自動車用に混合する方へ(北海道経済産業局ホームページへ)

 

北海道総務部財政局税務課

E-mail:somu.zeimu1@pref.hokkaido.lg.jp

(迷惑メール対策のため、@を全角にしています。)