スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 税務課 >  平成30年北海道胆振東部地震により被災された皆様へ(税務課)


最終更新日:2018年9月14日(金)


「平成30年北海道胆振東部地震」による被災者の方に対する自動車取得税の減免について


 平成30年9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」により被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。
 この度の地震により被災された自動車を処分し、代替自動車を取得された場合、当該代替自動車に課税される自動車取得税が、申請により減免されます

減免の要件

次の1から3のいずれにも該当すること。
1 被災自動車の所有者(ローンなどで売主が所有権を留保しているときは使用者)であること。
2 被災自動車について、永久抹消登録の手続き又は解体返納の手続きをしていること(この手続きが困難な場合は、解体のみでも可)。
3 被災した日から6か月以内に、被災した自動車に代わるものとして代替自動車を取得していること(自家用から営業用、又は営業用から自家用に変更が行われる場合は、代替性が認めがたいことから、減免の対象外)。

 減免する額

代替自動車にかかる自動車取得税の全額

 申請に必要な書類

・減免申請書(こちら
・被災事実を証明できる書類
 例)市町村が発行する被災証明書 など
・抹消登録等を行ったことが確認できる書類
 例)登録事項等証明書、検査記録事項等証明書 など
・解体したことが確認できる書類
 例)使用済自動車引取証明書 など

 リーフレットはこちらです。

その他の道税の軽減等

   他の税目についても、災害により被害を受けた場合には、被害の状況に応じて、税を減免したり、納税を猶予するなどの軽減措置等があります。
 詳しい内容については、「道税の軽減」ページをご覧ください。


※ 対象となる方は、総合振興局、振興局又は道税事務所へご相談ください。


北海道総務部財政局税務課
戻る


このページの情報はお役に立ちましたか?