スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 税務課 >  道税の軽減(災害に関する道税の軽減)不動産取得税


最終更新日:2018年2月27日(火)

災害に関する道税の軽減  


↑申請書類


不動産取得税

    災害により不動産が滅失や損壊したときには、滅失や損壊した不動産に対する不動産取得税を軽減する制度と、 滅失や損壊した不動産の代替不動産に対する不動産取得税を軽減する制度があります。

◆滅失や損壊した不動産に対する軽減

 【軽減の対象】
 不動産の取得後3か月以内にその不動産が災害により滅失または損壊したとき。

【軽減される額】
 被災した不動産の被災直前の固定資産評価額から、被災直後の固定資産評価額を差し引いた額に税率(被災した不動産の取得に対する不動産取得税の税額算定に当たり適用された税率(3%又は4%))を乗じた金額です。  

◆滅失や損壊した不動産の代替え不動産に対する軽減

【減免の対象】

  • 災害により滅失又は損壊した不動産を復旧するために不動産を取得したとき。
  • 災害により滅失又は損壊した不動産の代替として、新たに不動産を取得したとき。

【減免の要件】

  • 被災した不動産と新たに取得した不動産の所有者が同一であること。
  • 被災した日から2年以内に代わりの不動産を取得していること。

【軽減される額】
  被災した不動産の被災直前の固定資産評価額から、被災直後の固定資産評価額を差し引いた額に税率(代替不動産の取得に対する不動産取得税の税額算定に当たり適用された税率(3%又は4%))を乗じた金額です。  

◆軽減措置が受けられる期間

 軽減措置は不動産を取得した日の翌日から起算して5年を経過した日以後は受けることができません。  

◆軽減の手続
 
不動産取得税減免申請書に、被災の事実などを証する書類を添付して申請します。
 【申請用紙の提供】(申請書ダウンロード)
◆問い合わせ先

  総合振興局、振興局又は道税事務所へご連絡下さい。(総合振興局等一覧を参照)
  

北海道総務部財政局税務課

戻る