スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 総務課 >  赤れんが庁舎の紹介ページ(総務部総務課)

北海道の分類: 観光 > 観光地の情報 > 赤れんが庁舎

最終更新日:2019年11月08日(金)

赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)の紹介ページ

 明治21年建築、ドームを載せたアメリカンネオバロック様式のれんが造りの北海道庁旧本庁舎は、昭和44年に国の重要文化財に指定されており、「赤れんが庁舎」と呼ばれ、親しまれています。

赤れんがリニューアルの取組

新着情報                                                                   

道立文書館からのお知らせ

赤れんが庁舎前庭のご案内

赤れんが庁舎の概要

赤れんが庁舎リニューアルについて

AKARENGAポータル


イルミ2017 

<赤れんが庁舎パンフレット>
 パンフレットイメージ

日本語版 ・English ・Simplified Chinese Character 
Traditional Chinese Character ・Korean  ・Thai  





新着情報  

 冬の赤れんが庁舎  

赤れんが庁舎前庭の桜の開花情報をお知らせしています。
  (総務部総務課)

 赤れんが 一般社団法人北海道建設業協会及び一般社団法人札幌建設 業協会より
赤れんが庁舎前庭のレンガ舗装をご寄贈いただきました。
(総務部総務課)
     
   

 過去の更新情報はこちらをご覧ください。

赤れんがの四季

 

赤れんがの春
そのほかの写真はこちら
 

赤れんがの夏
 

赤れんがの秋
 

赤れんがの冬


道立文書館からのお知らせ

(総務部法務・法人局法制文書課文書館)

 文書館開拓使文書
道立文書館ホームページへ
  ・道立文書館は、北海道の歴史に関する文書等を収集、保存し、利用(閲覧)していただくための施設です。

・国指定重要文化財である「箱館奉行所文書」「開拓使文書」をはじめとする「公文書」や、企業・団体・家などを出所とする「私文書」などを所蔵しています。

・「公文書」は、現在の北海道庁の文書からも選別して、収集しています。


赤れんが庁舎前庭のご案内

赤れんが庁舎前庭は、市民や観光客の皆様の憩いの場となっています。 赤れんが庁舎  

 <前庭の散策>
正門(東門)は午前7時から午後9時まで開いており、前庭の散策ができます。
夜間は、赤れんが庁舎のライトアップを行っております。
木画像木1赤れんが庁舎周辺の樹木の紹介→「木育」樹木マップ(水産林務部林務局林業木材課)木画像木2

赤れんが庁舎の概要

この「赤れんが庁舎」という呼称は、昭和43年11月の道の部長会議において決定されたもので、当時その他の案には、「北海道庁本館」、「旧北海道庁本庁舎」、「道政記念館」、「道政資料館」、「赤煉瓦庁舎」などがあったようです。

◎赤れんが庁舎内には、北海道開拓の歴史を題材とした20点(一覧はこちら)の絵画があります。