スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 総務課 >  赤れんが庁舎運営に係る事業手法検討調査業務に係る公募型プロポーザルの実施について


最終更新日:2018年7月03日(火)

赤れんが庁舎運営に係る事業手法検討調査業務に係る
公募型プロポーザルの実施について

【新着情報】
平成30年7月3日 プロポーザル審査結果を公表しました【PDF

次の業務に係る公募型プロポーザルを実施することを公告しました。(募集終了)


総務部総務課ファシリティマネジメントグループ




1 業務名

 赤れんが庁舎運営に係る事業手法検討調査業務


2 業務の目的


 北海道庁旧本庁舎(以下「赤れんが庁舎」という。)は、重要文化財として国の指定を受けた北海道を代表する歴史的建造物であり、国内外から年間60万人以上が訪れる札幌市内有数の観光スポットでもありますが、近年、建物の内部・外部ともに劣化が進んでおり、現在、耐震対策を含めた改修を検討しているところです。

 道では、今後の改修を機に、赤れんが庁舎を北海道の文化・観光情報の発信拠点施設として位置づけ、館内の展示や活用方法を全面的に見直し、施設の魅力向上を図ることとしており、改修後のリニューアルオープンに向けた具体的な活用方策を定めるため「赤れんが庁舎リニューアル基本方針(以下「基本指針」という。)」を策定することとし、本年2月にその素案を取りまとめたところです。
 今回、赤れんが庁舎のリニューアルの実施にあたって、赤れんが庁舎及び周辺施設等に関する基礎情報の整理を行うとともに、基本指針(素案)を踏まえ、官民連携に関する様々な検討を行うこととし、これらについて企画・実施していただける豊富な経験と実行力等を有する事業者を広く募集するものです。

3 業務の内容


(1)赤れんが庁舎・周辺施設等に関する基礎情報の整理
(2)事業スキーム等の検討
(3)民間事業者参入意向把握調査
(4)経済性の検討
(5)調査のまとめと課題の抽出
(6)各種会議資料の作成
(7)定例打合せ(月1回程度)



4 応募の方法


(1)公告文に規定する参加資格があり、参加を希望される方は、参加表明書及び必要な添付書類を次の期日までに提出してください。

  参加表明書の受付期間  平成30年4月16日(月)から平成30年4月25日(水)【必着】

(2)参加資格を満たしている応募者に対し、企画提案書の提出を要請しますので、企画提案書及び必要な添付書類を次の期日までに提出してください。

  企画提案書の受付期間  平成30年5月8日(火)【必着】



5 プロポーザル関係資料


(1)公告文【PDF】
(2)企画提案説明書【PDF】
(3)プロポーザルに関する質問書(別記第1号様式) 【WORD】
(4)参加表明書様式(別記第2号様式) 【WORD】
(5)企画提案書標準様式【WORD】
(6)コンソーシアム協定書参考様式【WORD】
(7)赤れんが庁舎リニューアル基本指針(素案)(平成30年2月) 【PDF】
(8)赤れんが庁舎に係る制限事項【PDF】


6 お問合せ先


〒060-8558
 札幌市中央区北3条西6丁目 北海道庁本庁舎5階
 北海道総務部総務課ファシリティマネジメントグループ
 電話 011-204-5055(直通)