スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 法務・法人局法制文書課 文書館 >  国指定重要文化財・箱館奉行所文書

教育委員会の分類: 文化・スポーツ > 芸術文化 > 芸術文化

最終更新日:2014年6月13日(金)

北海道立文書館

本文へスキップ
文書館 ホーム  | 文書館とは?  | 文書館資料のあらまし  | 利用案内  | 資料検索  | 展示室  | 施設紹介  | 交通アクセス  | 文書館発行の刊行物  | 行事案内  | 地域史料の保存  | 得する情報  | よくあるご質問  | 条例・規則等  | 文書館ボランティア募集  | 文書館デジタルアーカイブ  | リンク集

文書館ホーム > 国指定重要文化財・箱館奉行所文書 

ページタイトル:国指定重要文化財・箱館奉行所文書

 
 北海道立文書館が所蔵する箱館奉行所文書167点が、平成16年6月8日に国の重要文化財に指定されました。

箱館奉行所文書表紙写真

 
 箱館奉行所文書(全体)については、資料ガイド―公文書―>幕府文書のページをご覧ください。
 
 箱館奉行所文書(重要文化財)は、箱館奉行所文書一覧ページで資料名を一覧することができます。
 
注意
 当館では、重要文化財に指定されたもの以外にも、他機関が所蔵する箱館奉行所文書の複製などを閲覧することができます。資料検索システム(公文書)で探してください。
 
注目
 箱館奉行所文書(重要文化財)については、デジタル画像やマイクロフィルムなどの複製物を備えています。また、デジタル画像をインターネットで見られるデジタルアーカイブもあります。
 
注意
 箱館奉行所文書(重要文化財)については、原本の保護のため、原本からの複写は原則としてお断りしています。
 また、原本の状態により、原本の閲覧を制限しているものがあります。
 
国指定重要文化財・開拓使文書についてはこちらをご覧ください。