スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 法務・法人局法制文書課 文書館 >  北海道立文書館 文書等保存利用研修会

教育委員会の分類: 文化・スポーツ > 芸術文化 > 芸術文化

最終更新日:2018年11月15日(木)

バナー・ボタン1  バナー・ボタン2  バナー・ボタン3  バナー・ボタン4   | 行事案内

文書等保存利用研修会

テーマ:水ぬれ資料を救おう~被災資料の救出と日頃の備え 【終了しました】

 今年、北海道では、7月の豪雨、9月の台風21号、そして北海道胆振東部地震と大きな災害が
目立ちます。
被災直後は、人命と健康が重視され、生活と生業の再建が急がれるのは当然です。
しかし、長い目で見れば、個人や家、企業、団体、地域の、歴史や思いが詰まった資料を救出す
ることも、生活の再建や地域の再生、そして人々の心の安寧のために必要なことでしょう。
資料が被災してしまった時に何ができるか、そのために日頃からどのように備えればよいかなど
について、一緒に学び、体験しましょう。

 ※開催案内のファイルは下の画像をクリックするとダウンロードできます。
H30文書等保存利用研修会案内

 
日時 平成29年11月12日(月) 13:00~15:40 
    ■午前中(11:20~11:50)に閲覧室と書庫の見学を行います。(希望者のみ)
会場 北海道庁赤れんが庁舎2階2号会議室 札幌市中央区北3条西6丁目
定員 50名
歴史資料の保存・利用に関心のある方
参加無料
申込方法
(1)氏名、(2)住所(又は所属機関名)、(3)職業(又は職名)、(4)連絡先、(5)見学希望の有無を明記し、郵便・ファックスまたは電子メールで下記宛てお申し込みください。
申込期間 定員に達するまで(先着順)
  
行事についての問い合わせ・申込み先(文書専門員)
電話:011-204-5200 FAX:011-232-1851
電子メール:somu.monjyo1〓pref.hokkaido.lg.jp(〓を@に置き換えてください。)
住所:〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 北海道立文書館