スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 法務・法人局法制文書課 文書館 >  文書館デジタルアーカイブ


最終更新日:2015年8月28日(金)


文書館デジタルアーカイブ


北海道立文書館

本文へスキップ
文書館 ホーム | 文書館とは? | 文書館資料のあらまし | 利用案内 | 資料検索 | 展示室 | 施設紹介 | 交通アクセス | 文書館発行の刊行物 | 行事案内 | 地域史料の保存 | 得する情報 | よくあるご質問 | 条例・規則等 | 文書館ボランティア募集 | 文書館デジタルアーカイブ | リンク集

          道立文書館デジタルアーカイブ

 このページから所蔵資料の一部のデジタル画像の閲覧ができます。
 ボタンをクリックしてそれぞれのページから画像をご覧ください。閲覧に際しては下記の留意事項を参照してください。
 毎月15日と最終月曜日(土・日・祝日に当たる場合は翌開庁日)にデータ・メンテナンスを行います。時間帯は不定で、所要時間は30分~1時間程度です。その間、デジタルアーカイブをご利用いただけなくなりますので、しばらく時間をおいてからご利用ください。
 

    箱館奉行所文書        開拓使裁録        古地図・絵図資料

    函館支庁管内町村誌        阿部家文書のページへ移動する        星野家所蔵安間純之進文書

 

1 資料について
 (1) 箱館奉行所文書
 二度目の蝦夷地直轄に伴い、安政元~明治元(1854~68)に置かれた箱館奉行が収受・作成した文書。
 平成16(2004)年に国の重要文化財に指定された文書館所蔵の原本163点を公開。
 (2) 開拓使裁録
 開拓使と太政官との間で授受した文書を編集した資料群で開拓使文書の中核をなす。
 正本(一部副本を含む)37冊を公開。マイクロ資料から作成したため画像はモノクロ。
 (3) 古地図・絵図資料
 近世幕末期~明治前期の公文書に収納された古地図・絵図資料。
 現在「幕末~明治前期公文書挿画コレクション」として70点を公開。
   ※今後、画像は随時更新する予定である。
 (4) 函館支庁管内町村誌
 大正7(1918)年に編纂された現在の函館市域を除く渡島地方の町村誌全5冊を公開。
 (5) 阿部家文書
 備後福山藩の藩主で、文化年間及び幕末期に老中職を務めた阿部正精・正弘親子の文書。
 子孫の阿部正紘氏(東京)寄託資料。
 (6) 星野家文書安間純之進文書
 江戸時代後期の幕臣で、箱館奉行(第二次)で組頭を勤めた安間純之進の「随筆」(日記)。原本所蔵は星野家(山梨県)。
 この文書群は、利用条件が他のデジタルアーカイブ資料と異なる点があるので、詳細ページで確認してください。

2 留意事項(道立文書館デジタル・アーカイブ共通)

  画像の閲覧に際しては、次の点に留意してください。
・画像の閲覧  特に制限はありません。
・画像の印刷  個人の調査・研究や古文書解読の学習を目的とする場合に限り自由にできます。
・画像のダウンロード  個人の調査・研究や古文書解読の学習を目的とする場合に限り自由にできます。
・画像の二次的利用  画像の再配布などを無断で行うことを禁止します。
掲載、展示、放送など、画像データの転載利用を希望する場合は、北海道立文書館に申請してください。
申請書(「文書館資料複写物出版掲載等許可申請書」)の様式は、「北海道立文書館管理規則」の8ページに掲載しています。
北海道立文書館管理規則(PDFファイル, 179KB)
 
 戦前の北海道映画フィルム
  下のボタンをクリックすると戦前の北海道映画フィルム(ダイジェスト)視聴のページへ移動します。

   戦前の北海道映画フィルムのページへ移動する