スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2019年1月11日(金)

検索のヘルプ

 
 検索条件を入力した検索画面に戻る場合は、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。
 

【共通】

  • 複数の検索条件を設定した場合、and条件(「かつ」条件)で検索します。したがって、検索条件を多くすれば、それだけ検索結果は限定されます。
  • 資料名検索では、「が」「の」「に」「を」等を省略し、スペースで区切ってand検索(「かつ」検索)をした方がヒットしやすくなります。
  • 目録記述では、推定した場合に角かっこ([ ])を使用しています。
    著編者・出版者名検索では、姓と名、部課名の間をスペースで区切って検索してください。
     例:北海道庁殖民課 → 北海道庁[殖民課]がヒットしない
    北海道庁_(スペース)殖民課 → 北海道庁[殖民課]もヒットする
    北海道男 → 北海[道男]がヒットしない
    北海_(スペース)道男 → 北海[道男]もヒットする
  • 資料名や作成者(主務者、著編者)は、長いもの、採用しなかったもの等を注記することがあります。
    そのため、資料名検索、作成者名(主務者、著編者)検索では「注記」も検索するようにしています。
    その結果、意図しないものが検索結果として表示されることがありますが、ご了承ください。
  • 常用漢字のある漢字は常用漢字に置き換えています。異字・略字等は、正字に置き換えています。変体仮名及び合字等は、仮名に置き換えています。また、JIS規格にない漢字は、ひらがなに置き換えています。
     例:とうじゅいん(「じゅ」は「さんずい」に「樹」の旁(つくり))→等じゅ院
 

【公文書】

  • 公文書名(資料名)検索では「公文書名」及び「注記」を検索します。
  • 主務者名(作成者名)検索では「主務者名」及び「注記」を検索します。
  • 公文書名(資料名)検索でヒットしづらい場合は、主務者名(作成者名)検索を試してください。

【公文書件名検索】

  • 件名(キーワード)では、「件名」及び「キーワード」を検索します。
     「キーワード」とは、「件名」中の語句につき、検索対象がヒットしやすくなるよう別表記をして入力したデータです。
    例)件名中にプロシアの漢字表記「孛国」という語句がある。→キーワードに「プロシア」を入力
      利用者がどちらの語句を入力してもヒットする。
  • 年次では、文書の作成時期の範囲を指定して絞り込みができます。
    文書の作成時期がわからない場合は、簿冊単位の作成年次を入力しています。
    ヒットしづらい場合は、範囲を前後の時期に広げて設定し検索してください。
  • 件名が入力されている公文書の請求記号を指定すると、簿冊単位での件名を一覧できるようになっています。件名の入力されている公文書の範囲は、公文書件名検索画面を参照してください。
 

【私文書】

  • 資料名検索では「タイトル」、「注記」(私文書中に含まれる刊行物の場合は上記に加え書名標目)を検索します。
  • 作成者名検索では「作成者名」、「宛先」、「注記」(私文書中に含まれる刊行物の場合は「著者標目」及び「出版者」)を検索します。
  • 検索機能では、資料1点単位を検索対象としています。中間階層名(サブ・フォンド名、シリーズ名等)は検索対象となりません。

【刊行物】

  • 資料名検索では「書名」(副書名、巻次等、叢書名(シリーズ名))、「注記」を検索します。
  • 著編者名検索では「著編者」(特定版著編者)、「出版者」、「注記」を検索します。
  • 種類別検索は、形態等により別置されている資料を検索します。
    例えば「Ma-1 地図・図類(一枚もの)」は大型フォルダに挟んで図面キャビネットに収納してある資料を検索します。
    この場合、“地図資料”を検索するわけではありません。