北海道立文書館

本文へスキップ
文書館 ホーム ┃ 文書館とは? | 文書館資料のあらまし | 利用案内 | 資料検索 | 展示室 | 施設紹介 | 交通アクセス | 文書館発行の刊行物 | 行事案内 ┃ 地域史料の保存 得する情報よくあるご質問 ┃ リンク集

資料検索 > 私文書群選択 

帝国製麻株式会社北海道関係資料
                                                                                                                                  目録を見る
 
帝国製麻株式会社は、1907(明治40)年に北海道製麻会社と日本製麻株式会社との合併により成立、東京に本社を置いた。その後合併、分割を繰り返し、1941(昭和16)年太陽レーヨンとの合併により帝国繊維と変えながらも、常に日本の亜麻工業の中心的位置を占める。戦後は化学繊維の伸張などにより、1963(昭和38)年に札幌工場を閉鎖、1966(昭和41)年には北海道における亜麻工場のすべてが閉鎖された。
資料は、帝国製麻月形亜麻工場に残されていたもので、札幌支店と月形亜麻工場(樺戸製線工場)で作成された文書が多数を占める。札幌支店の行啓奉迎関係文書や、樺戸製線工場の庶務・人事・工事関係書類など、会社本体の経営内容に触れる文書ではないが、一地方現場の実態を知る手がかりとなる。

1907(明治40)~1956(昭和31)年

67点