スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 法務・法人局法制文書課 文書館 >  北海道立文書館所蔵資料案内~私文書 町村金五関係資料


最終更新日:2017年10月31日(火)


北海道立文書館所蔵資料案内~私文書 町村金五関係資料


北海道立文書館

本文へスキップ
文書館 ホーム ┃ 文書館とは? | 文書館資料のあらまし> | 利用案内 | 資料検索 | 展示室 | 施設紹介 | 交通アクセス | 文書館発行の刊行物 | 行事案内 ┃ 地域史料の保存 得する情報よくあるご質問 ┃ リンク集

資料検索 > 私文書群選択 

町村金五関係資料

目録を見る
 

1 私文書群の作成者に関する情報

 町村金五は、1900(明治33)年8月16日に町村金弥の五男として札幌で生まれた。
 10歳の時に東京へ移転し、1924(大正13)年に東京帝国大学を卒業し、内務省に入省した。
 その後、官選富山県知事、内務省警保局長、官選新潟県知事、警視総監を歴任して終戦を迎えた。
 東京都次長に就任後、公職追放となった。
 1952(昭和27)年から衆議院議員、1959(昭和34)年から北海道知事を3期12年務めた。
 1971(昭和46)年から参議院議員となり、第二次田中内閣で自治大臣、北海道開発庁長官を務めた。

 

2 私文書群の入手経緯

 収集方法:寄贈
 入手先及び原蔵者:町村淳子氏(次男 町村信孝(元衆議院議長)の妻)
 受入年月日:2017(平成29)年7月27日
 

3 私文書群の概要

(1) 資料総点数   137点
(2) 資料年代   1958(昭和33)~1985(昭和60)
(3) 資料内容

資料の内容は概ね次のとおりである。

  • 雑誌等
    • 「歴代北海道庁幹部人名録」(「○」等の印の書き込みあり)
    • 知事候補時代の特集記事が掲載されている雑誌(『時の人』)
    • 町村道政に関する記事が掲載されている雑誌
      (『北海評論』・『町村道政とその時代』・『さいはての民選知事』)
    • 漢詩、後援会パンフレット(参議院議員)
  • 写真
    • ア)知事時代
      • ア 昭和41年ソ連他訪問

         昭和41年9月1日に横浜を出航し、海路でソ連ナホトカに上陸。
         その後、陸路や空路でハバロフスク、モスクワ、レニングラード(現サンクトペテルブルグ)とソ連国内を、そしてグルジア、ポーランド、デンマーク、オランダ等各国を歴訪して帰国した旅行に関する写真

      • イ 知事時代・その他
        • 赤レンガ庁舎内旧知事室や地方出張時の写真
        • 会合での写真等
    • イ)その他
      • 『町村金五伝』刊行祝賀会での写真
      • 国会開会式での記念写真等
(4) 私文書群に関連する主な地域  石狩地方(札幌市)
(5) 私文書群に関連する主な主題  政治・経済(北海道)
(6) 補足:昭和41年9月のソ連訪問(視察)について

  • 町村知事等の訪ソは、ソビエト対外友好文化連絡協会とソ日協会の招待によるもので、ソ連の国内視察が主な目的
  • 日程は次のとおり
    • 9月1日に横浜港を出発し、ソ連船バイカル号で3日16:00にナホトカに上陸し、次の要人と面会・会談を行った。
       ドロズドフ極東漁業局長、クーゼンコ貿易省極東全権、クレオビン貿易省極東貿易事務所長
    • 国際列車でハバロフスクへ移動し、次の要人と面会・会談を行った。
      また、市内の日本人墓地へ墓参。
       シウラノフ ハバロフスク州(副?)知事、ドームニンハバロフスク市長
    • ハバロフスクから空路でドモデドボ空港に5日21:55着。
       モスクワでの第1日目である6日10:30からソ日協会でレセプション、市内見学をし、13:00にソ連漁業省を訪問し、14:30から漁業省主催レセプション、19:00から日本大使館レセプションに出席。
       23:20発の列車でレニングラードへ移動し、7日夜にモスクワに戻る。モスクワで面会・会談した要人は次のとおり。
       カメンチエフ漁業省副大臣、クリコフ漁業省渉外総局長、グズネツオフ外務省副大臣、
       スタリコフ外務省極東部長、セミチヤスノフ外国貿易省副大臣、
       アーゾフ(外国貿易省?)東南アジア中近東貿易局次長、
       ネステロス(ネストロフ?)全ソ商業(商工?)会議所会頭(ソ日協会長)、
       パリエッキス(?)ソ連最高会議民族会議会長(?)、ミコヤンソ連最高会議幹部会員
    • 13日にモスクワ空港を出発しワルシャワへ移動。
      (注)この間にグルジア共和国、コペンハーゲン、アムステルダムにも立ち寄ったと思われる。
    • ロンドンに立ち寄り、17日19:10に羽田空港へ、19日18:00に千歳空港へ到着。
  • 要人との主な話題・議題は次のとおり
    • 安全操業
    • 沿岸貿易(「ソ連極東地方と日本との消費物資の交換に関する取りきめ」(昭和38年2月)に基づいて行われる一連の貿易)の促進(対象地域・品目の拡大等)
    • 抑留漁民の早期釈放
    • シベリア開発
    • 領事館の北海道への誘致
 

4 利用条件

    特になし。
   

5 参考文献

  • 北海タイムス社編『町村金五伝』町村金五伝刊行会、1982(昭和57)年。
  • 「北海タイムス」昭和41年9月18日朝刊・同年9月20日朝刊。
  • 北海道総務部知事室道民課編『庁内だより』第30号、1966(昭和41)年8月。