スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 危機対策課 >  まさかは必ずやってくる


最終更新日:2017年8月31日(木)

「まさかは必ずやってくる」

大雨災害に備えよう 雨で危険なときは早めに避難
~ まさかは必ずやってくる ~

まさかは必ずやってくる

  北海道では昨年8月から9月にかけて、台風や低気圧、前線の影響により、各地で繰り返し大雨に見舞われました。特に、8月30日~31日には台風10号の影響で、上川・十勝地方を中心に記録的な大雨となり、河川の氾濫や土砂災害により、道路の崩落、橋梁の落下など、甚大な被害を受けました。

   「まさかあの川が氾濫するとは」 「まさか避難することになるとは」

  被災地域で多く聞かれた「まさか」という言葉。
  近年の気候変動により、北海道でも局地的に激しい雨の降る頻度が増えてきており、大雨による災害は決して人ごとではありません。

  災害はいつやってくるかわかりません。しっかり備えることで、気持ちに余裕が生まれ、自らが助かり、大切な人を助けることにもつながります。いざというときに「まさか」と思うことがないよう、できることから取り組んでいきましょう。

まさか動画

●「まさかは必ずやってくる」啓発動画(WMV形式)  yazirushi

●「まさかは必ずやってくる」啓発音声(WMA形式)

まさか3箇条

☆住んでる地域の危険ポイントを把握しましょう☆

  ハザードマップ(防災マップ)は、自然災害が予測される区域や避難場所、避難経路など、皆さんが避難するために必要な情報を示した地図です。地震・津波、洪水、土砂災害、火山噴火などの災害ごとに作成されているので、手元に置き、いざというときにいつでも見られるようにしておきましょう。

     
道内市町村のハザードマップ(ほっかいどうの防災教育ホームページ)

☆避難情報を理解しましょう☆

  災害が発生したときや、発生の恐れがあるとき、市町村から避難情報が発令されている場合があります。
  避難情報には次の3種類があります。避難情報の内容と取るべき行動についてぜひ覚えておいてください


    避難準備・高齢者等避難開始
     いつでも避難できるよう準備しましょう。身の危険を感じる人や、避難に時間の
            かかる人(高齢者・障がい者・乳幼児など)は行動を開始しましょう。

                            

    避難勧告
     速やかに避難場所へ移動しましょう。すでに道路が冠水するなど外出が危険な
     場合は、自宅内の安全な場所に移動しましょう。

                            

    避難指示(緊急)
     まだ避難していない場合は、直ちに避難しましょう。すでに道路が冠水するなど
     外出が危険な場合は、自宅内の安全な場所に移動しましょう。


   避難情報はテレビのデータ放送や、道のホームページ「北海道の防災情報」で確認することができます。なお、避難情報が発令されていなくても、周囲の状況から危険を感じる場合などは、自らの判断で早めに避難することが必要です。

      現在の警報・避難所情報(北海道の防災情報ホームページ)


☆「Doはぐ」で避難所の暮らしを疑似体験しましょう☆

  避難所運営ゲーム北海道版(Doはぐ)は、ゲーム形式で避難所運営を複数の人が話し合いながら考えることにより、避難所における具体的な備えの重要性を学ぶことができる教材です。
  「Doはぐ」は、道庁危機対策課や各(総合)振興局地域政策課で貸出を行っています。
 
     避難所運営ゲーム北海道版(Doはぐ)のページ(ほっかいどうの防災教育ホームページ)


☆この取組について☆

  「まさかは必ずやってくる」をキーフレーズに、8月1日~9月30日の期間、道は道内の各放送局とともに道民に対する防災意識の高揚を図り、災害時の避難行動の大切さを呼びかける取組を行っております。

【新着情報・関連リンク等】
 ・7月25日  STVテレビ「どさんこワイド179」、翌26日「どさんこワイド!!朝!」にて、
          本取組について紹介いただきました。

 ・7月27日  NHKラジオ第一「北海道まるごとラジオ」にて、本取組について紹介いただきました

 ・8月1日より、STVラジオやFMノースウェーブ等で「まさかは必ずやってくる」の放送が開始されました。

 ・8月5日より、NHKラジオ第一で防災キャンペーン「まさかのために備える」の放送が開始されました。

 ・8月4日(金) FMノースウェーブ「Light for tomorrow」で本取組について紹介いただきました。

 ・8月8日(火)
  以下の札幌市内の街頭大型ビジョンで「まさかは必ずやってくる」を放映し、防災の啓発を実施しています。
     ・サッポロファクトリーアトリウムビジョン
     ・狸ビジョン(狸小路1~6丁目)
     ・4丁目プラザビジョン、
     ・札幌駅南口道銀札幌駅前支店ビジョン
     (※放映はいずれも1時間に1回、9月30日まで)

 ・8月9日(水)、札幌市地下歩行空間のチカホビジョン(北大通交差点広場と北3条交差点広場)で
 「まさかは必ずやってくる」を放映し、防災の啓発を実施しています。
 (※放映は7:00~9:00と17:00~19:00の毎時47分、9月30日まで)

 ・8月14日(月)、FMくしろ、FMリベーる、三角山放送局、FM JAGA、FM e-niwa、FMびゅー、
 FMわっぴー、FMアップルでは、「まさかは必ずやってくる」を随時放送し、防災の啓発を実施し
 ています。

 ・8月15日(火)より、HBCテレビで「まさかは必ずやってくる」の放送が開始されました

 ・8月19日(土)、HBCラジオ「室谷香菜子のファイト~~!!」で本取組について紹介いただきました。

 ・8月21日(月)から9月1日(金)の期間、STVテレビ「どさんこワイド179」では、午後6時台に
 「まさかは必ずやってくる」を放送し、防災の啓発を実施します。

 ・8月28日(火)から9月1日(金)の期間、HBCテレビ『今日ドキッ!』では、「まさかは必ずやってくる!
 防災週間」として動画を放送し、午後5時台のお天気コーナー「そらリサーチ」にて防災について特集
 します。

 ・8月28日(月)から31日(木)の期間、UHB「みんなのテレビ」では、午後6時台で「まさかは必ず
 やってくる」UHBバージョンを放送し、防災の啓発を実施します。

 ・8月28日(月)から9月1日(金)の期間、STVテレビ「どさんこワイド!!朝!」5時台、
 「STVストレートニュース」(11:29~11:55)で「まさかは必ずやってくる」を放送し、
 防災の啓発を実施します。

 ・8月30日(水)、HBCラジオ「気分上昇ワイド ナルミッツ!!!」の防災特集にて、
 「まさかは必ずやってくる」を放送し、防災の啓発を実施しました。

 ・9月1日(金)から3日(日)に真駒内セキスイハイムスタジアムで開催される
 HTB「イチオシ!まつり」では、会場にHTBアナウンサープロデュースの「アナカフェ」を設け、
 まさかは必ずやってくるのキャンペーン動画のほか、地震・津波、気象災害と情報などについて
 スライドにより、防災の啓発を実施します。

 ・9月3日(日)にホーマック東雁来店で開催する「防災フェア」において、北海道庁のブースでは
 「まさかは必ずやってくる」を放映し、避難など防災の啓発を実施します。

 ・9月7日(木)、NHKラジオ第一「北海道まるごとラジオ」では、「まさかは必ずやってくる」を放送し、
 防災について特集します。

 ・NHK北海道「防災・震災ポータル」はこちらです(本ページへリンクいただいています)
  http://www.nhk.or.jp/sapporo/bousai/

このページに関するお問い合わせ
北海道総務部危機対策局危機対策課防災グループ(風水害対策担当)
電話番号:011-204-5008
FAX番号:011-231-4314
メールアドレス:somu.bosai22@pref.hokkaido.lg.jp