スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 危機対策課 >  防災航空室の活動紹介


最終更新日:2012年4月11日(水)


防災航空室の活動紹介


北海道総務部危機対策局防災消防課防災航空室

防災航空室の活動を紹介するページです。

防災航空室活動紹介 

活動内容

 ◇山岳遭難、水難事故における救助・救出
 ◇交通事故現場、離島、遠隔地等からの傷病者搬送
 ◇林野火災における空中消火
 ◇災害発生時の偵察・情報収集
 ◇災害時における救援物資、人員及び資機材等の搬送

 救助活動

山岳遭難やビル火災、高速自動車道の事故等において空からの救助活動を行うほか、海、河川、湖沼等の水難救助活動等を行います。
航空隊員、パイロット、整備士さらには地上部隊との連携により安全、確実、迅速な活動を行います。

 救助画像
 消火活動  救急活動

交通事故現場や離島、山村等の交通遠隔地からの救急患者を搬送するほか、重症患者を高度医療機関に搬送します。機内では隊員が救急資機材を活用し、救命処置を行うほか、緊急医療を必要とする場合は医師や医療資機材等を搬送します。

消火活動

林野火災に対して消火バケットを使用し、
空中消火活動を行います。また、大規模
火災、爆発事故等に対する情報収集を
行うほか、人員、資機材等を搬送します。 
 消火活動
 災害応急対策活動  災害応急対策活動

自然災害、大規模事故等における
情報収集や救援物資、人員の搬送
を行います。
また、災害が発生するおそれがあ
る場所への避難広報や災害現場
へ各種資機材、医薬品等を搬送す
るほか、上空から調査等を行いま

す。