スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 危機対策課 >  平成26年度「津波防災の日パネル展」のお知らせ


最終更新日:2014年10月22日(水)


平成26年度「津波防災の日パネル展」のお知らせ


「津波防災の日パネル展」のお知らせ

 

 

期間 平成26年10月30日(木)~31日(金)9:00~17:00(最終日は、16:00まで)

 

場所 本庁舎1階ロビー(道政広報コーナー東側入口横)

 

内容 地震・津波の発生メカニズムや性質、北海道の地震・津波防災に関し各防災関連機関の活動を紹介するパネル等を展示するほか、一般家庭で準備すべき防災に関し展示します。

 

   ・地震津波学習用パネル、防災関係パネルの展示

   ・津波発生装置による津波の学習

   ・家庭用の防災グッズの展示

   ・古津波の痕跡である津波堆積物の展示

    

  

11月5日は、「稲むらの火」の故事にちなんだ

津波防災の日(全国一斉)です。

 

 津波防災パネル展「稲むらの火」  

昭和初期の小学校の国語教科書に載っていた物語です。江戸時代に起こった安政南海地震で津波が発生したときに、当時の紀州(現和歌山県)の庄屋さんが献身的な努力により村人を守ったという史実がモデルです。

庄屋さんは、地震による津波の襲来を予想し、取り入れるばかりになっていた自分の稲束に火をつけて村人を高台へと導き救ったというものです。

 

 

 

出典:消防庁「自主防災組織の結成に向けて」

 

  

 

主   催:北海道

協力機関:札幌管区気象台、北海道立総合研究機構、ホーマック株式会社

 ※順不同

 

     ~~~~~~~~~~~~~~~平成25年度のパネル展~~~~~~~~~~~~ ~~~

写真1 写真2 写真3
(1)パネル展入口 (2)来客状況 (3)パネルの展示
写真4 写真5 写真6
(4)津波発生装置 (5)家庭用防災グッズ (6)非常用食料