スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 人事課 >  平成26年北海道功労賞受賞者

北海道の分類: 行政・政策・税 > 人事・採用 > 栄典・表彰

最終更新日:2014年8月27日(水)


平成26年北海道功労賞受賞者


平成26年北海道功労賞受賞者


金井昭雄さん顔写真

 ■株式会社富士メガネ 代表取締役会長・社長兼任                  

  金井 昭雄 (かない あきお)様                   

 「CSR(企業の社会的責任)の推進と国際貢献」

  アメリカ留学中に行った、アリゾナ州の先住民族ホーピー族に対する、検眼と眼鏡寄贈による社会奉仕活動をきっかけに、「企業の社会的責任」(CSR)について考えるようになり、株式会社富士メガネ入社後、社員とともにタイやネパール、アゼルバイジャンなどの難民キャンプや国内避難民居住区を訪問し、難民1人ずつに対し、検査を行い、それぞれの人の視力にあった眼鏡を寄贈するほか、現地スタッフの教育や技術指導を行うなど、難民支援に多大な貢献をしている。
 こうした氏の活動は、本道における国際貢献やCSRに対する意識醸成や普及に影響を与えた。

 

  

 

■元 北海道漁業協同組合連合会 代表理事会長、
  元 全国漁業協同組合連合会 代表理事副会長櫻庭武弘氏顔写真

   櫻庭 武弘 (さくらば たけひろ)様                   

 「水産業の振興」

  氏は、永きにわたり漁業経営者さらには地元漁業協同組合長として、斜里町を日本有数の秋さけ産地に育て上げ、地域水産業並びに沿岸漁業の振興に多大な貢献をしてきた。
 また、北海道漁業協同組合連合会会長時の燃油高騰の際には、「道民100万人署名運動」や全国漁業者との一斉休漁により、世論に窮状を訴え、国の緊急燃油対策の実現に至った。
 さらには、東日本大震災による空前の漁業被害に見舞われた際には、「対策本部」を立ち上げ、被害状況の早期掌握と対策、関係行政等への要請活動により、国・道の支援措置を実現、早期に復旧・復興の目処が得られるに至った。
 

 

 

      林正博さん顔写真

■元 北海道森林組合連合会 代表理事会長
 元 全国森林組合連合会 代表理事会長

  林 正博 (はやし まさひろ)様                   

 「林業の振興」

 氏は、風連町森林組合理事就任時から、一環して森林組合の経営安定を目指し、森林組合の広域合併に尽力してきた。
 特に、北海道森林組合連合会会長就任期間には、健全な経営を実現できる森林組合の育成と振興を図ることを目的とした「中核森林組合」の育成・認定に尽力し、会長退任時には全道83森林組合の半数以上の47組合が中核森林組合として認定されている。このことにより地域の森林整備の担い手として重要な役割を果たす森林組合の経営基盤が健全化され、北海道内の林業及び木材産業の健全な発展の基礎となっている。