スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 北方領土対策本部北方領土対策課 >  「千島桜」を用いた啓発の紹介 これまでの取組

北海道の分類: 行政・政策・税 > 北方領土 > 北方領土対策本部

最終更新日:2014年4月11日(金)


「千島桜」を用いた啓発の紹介 これまでの取組




「千島桜」を用いた啓発 これまでの経過 

【H25.11.18】 HACとともに千島桜もテイクオフ!

 道民の翼であるHAC(北海道エアシステム)の機内誌に千島桜が登場しました!

 札幌丘珠と函館、釧路を結ぶ路線のほか利尻、奥尻とを結ぶ離島便に加え、7月から札幌丘珠・青森県三沢便、8月からは函館・三沢便が就航するなど、北海道のビジネス・暮らしを支えるHACでも、北方領土返還要求に協力いただいています。

HAC1 HAC3

 前座席のシートポケットに置かれている11月号の機内誌に、道からのお知らせとして、北方領土返還要求運動のシンボルの花「千島桜」の紹介記事を掲載しています。

 HACとともに、千島桜も大空を超え各地に広がっていくことを期待しています。
  
 
   


HAC logo 

 HAC2

 HAC4

【H25.11.15】 桜の名所 松前町から『千島桜』を寄贈していただきました!

 10月30日(水)に、松前町長や元島民の方など北方領土返還運動の関係者約30名に参列いただき、「北方領土返還要求運動のシンボルの花」である「千島桜」の寄贈・植樹式を実施しました。

 当日は、桜の名所として知られる松前町から、北方四島にちなみ4本の苗木を寄贈いただいた後、一日も早い4島返還への願いを込め、参列者が苗木の植樹を行いました。

 4本の苗木うち3本は渡島合同庁舎「おしまの森」へ、残り1本は正門横に植樹しました。

 今はまだ小さな苗木ですが、北方領土の早期返還に向けた道民・国民の思いとともに立派に成長していく姿を温かく見守ってください。

【渡島総合振興局】
 所在地 〒041-8588 北海道函館市美原4丁目6-16
 電 話 0138-47-9400(総合案内)
  
 
   


渡島 植樹式1 

 渡島 植樹式2

 

【H25.11.15】 「今が、知るとき。ちゃんと、北方領土 四島(しま)の楽校(がっこう)」が開催されました!

 若い世代を中心に北方領土問題についてもっと関心を持ってもらうため、独立行政法人北方領土問題対策協会の主催で、9月28日(土)、29日(日)の2日間、JR札幌駅南口イベント広場及び西コンコースイベント広場において、北方領土啓発イベント「四島の楽校」が開催されました。

 会場には、北方領土の歴史や地理に関する問題をクイズ形式で学べるパネルが展示され、ステージイベントでは、タレントの春香クリスティーンさんが「四島の楽校」の生徒会代表役となってのトークや花咲ガニが当たる○×クイズ大会が行われました。

四島の楽校1  四島の楽校

 その他、北方領土問題啓発イメージキャラクター エトピリカの「エリカちゃん」も会場に登場し、多くの親子連れが記念撮影をするなどして、親しみながら触れあいました。

 この催しは、来年2月迄に全国24か所で行われる予定です。 
 


 

 

四島の楽校3

【H25.11.08】 道内の銀行でも千島桜の啓発にご協力いただいています!

 北海道と包括連携協定を締結している北洋銀行、北海道銀行、北陸銀行では、北方領土返還機運の醸成のため、返還要求運動のシンボルの花である「千島桜」のステッカーを店舗に貼るなどして、取り組みを応援していただいています。

 写真は、北洋銀行道庁支店入口左手、北海道銀行本店の地下入り口、北陸銀行札幌支店のふたつある入り口に貼っていただいている千島桜のステッカーです。どの銀行も、より多くのお客様の目に入るようにと、効果的なところを選んでいただいています。

北洋銀行ロゴ  北洋銀行1   北洋銀行2

北海道銀行ロゴ  北海道銀行   北海道銀行2

北陸銀行ロゴ  北陸銀行1   北陸銀行2

 これから、事情の許す限り道内の店舗に協力の輪を拡大していただけるとのことで、みなさんの地域の店舗でも目にしていただくことができると思います。

 また、北海道銀行では、道外を含む店舗に設置されているモニターで、啓発映像を放映していただいています。映像では、北方領土を身近に感じられるよう空撮イメージやオジロワシ、アザラシ、ヒグマなど四島に生息する動物の様子などを紹介しています。 


 道内のたくさんの店舗でのステッカーの貼付や映像の放映で、多くの道民の皆さんに北方領土問題について関心を持っていただけるきっかけとなることを願っています。
  
   

【H25.11.08】 北方領土返還要求運動滋賀県民会議の皆さんと意見交換を行いました。

 10月17日(金)に滋賀県の北方領土返還要求運動を牽引している滋賀県民会議から、今年で31回目となる北方領土視察団が来道されました。

 30名の団員の皆さんは、根室管内で船から北方領土を目の当たりにして、その近さから日本の領土であることを実感できる洋上視察などを行ったあと、空路札幌に移動し、道内の関係団体も同席して、意見交換会を行いました。

 意見交換会では、北海道議会の小松茂北方領土対策特別委員長の歓迎挨拶、視察団の宇賀団長(滋賀県議会議長)の挨拶の後、北海道の取り組みの状況を説明しました。

 視察団の皆さんとは、「日ロの政治対話が進む中、領土返還への期待」、「次代を担う子供達への取り組み」、「議会における意見書」など多岐にわたり、有意義な意見交換ができました。

 遠く離れた滋賀県の皆さんから、力強い応援をいただき、一日も早く北方領土の返還が実現されるよう、しっかりと取り組んでいく決意を新たにしました。
  
   


 小松委員長

宇賀団長 

意見交換の様子 

【H25.11.06】 札幌大谷大学祭で、「北方領土の日ポスターコンテスト応募作品展」を開催!

 10月26日(土)から27日(日)に、札幌市東区にある札幌大谷大学の学校祭「橙丹(とうたん)祭」で、昨年度の「第11回北方領土の日ポスターコンテスト」の応募作品で惜しくも選外となった作品の一部(36作品)を展示しました。

 展示コーナーでは、来場者の方がそれぞれ気に入った作品に目を凝らし、デザインに込められた北方領土返還へのメッセージや2月7日が北方領土の日であることについて、友達又は家族で会話をする姿が目を引いていました。

  大谷大学祭3  大谷大学祭4

 また、気に入った作品に北方領土返還要求運動のシンボルの花である「千島桜」のシールを貼ってもらうことにしたところ、観覧いただいた多くの皆さんにシールを貼ってもらい、きれいな桜色の花が咲き広がっていました。

 

  
   


大谷大学 ロゴ

大谷大学祭1 

大谷大学祭2 

 大谷大学祭5

【H25.10.30】 アリオでうまいもの見~つけた!

 道と包括連携協定を締結している(株)イトーヨーカ堂との協働事業として、10月30日(水)から11月4日(月)まで、札幌市東区のイトーヨーカドーアリオ札幌で、「第6回うまいもの見~つけた!」が開催されます。

 催事の内容は、北海道HACCP認証業者や北のめぐみ愛食フェア登録業者等の出店と合わせて、道庁の取り組みPRの一環で北方領土のコーナーも設置されます。

 アリオ3階のハーベーストコートで、北方領土の日ポスターコンテスト応募作品展を開催するほか、11月2日(土)、12時からは、1階ハーベストコートPRステージに、北方領土のイメージキャラクター「エリカちゃん」が登場!もちろん写真撮影OKですよ!
 
エリカちゃん1 エリカちゃん2
 
  多くの皆さんにお越しいただき、力作揃いの応募作品や「エリカちゃん」をみて、北方領土を身近に感じていただけたらと思います。
 待ってま~す!!(^o^)
  
 


 イトーヨーカドー ロゴ

アリオ ロゴ

アリオ1

アリオ2

アリオ3

【H25.10.24】 るもい「よりみちの駅フェスタ2013」で、署名コーナーが設置されます。

 留萌振興局庁舎で27日に開催される「よりみちの駅フェスタ2013」で、北方領土返還要求の署名コーナーが設置されます。
 留萌振興局管内のゆるキャラが大集合して行われるお楽しみ抽選会やグランプリ投票などのほか、体験コーナー、屋外では地域の特産品販売など盛りだくさんの内容となっています。
 秋の一日、是非振興局に足を運んでみてください。るもいを満喫できますよ-!

 そして、署名にもご協力をお願いしまーす!!

 【開催日時】2013年10月27日(日)10:00~14:00
 【会  場】北海道留萌振興局(留萌市住之江町2丁目1-2)
        よりみちの駅フェスタ 会場  ← クリックすると拡大します。
 【主  催】北海道留萌振興局「よりみちの駅」
 【協  賛】留萌信用金庫(包括連携協定締結企業)
 【協  力】ホクレン農業協同組合連合会留萌支所、オロロン農業協同組合

      よりみちの駅フェスタ4
      留萌管内のゆるキャラやコメファイターが大集合!
 
 
 

よりみちの駅フェスタ1
  よりみちの駅フェスタ2
 
よりみちの駅フェスタ3

 

【H25.10.23】 藤女子大学の大学祭にも、千島桜がお目見えしました!


 10月12日(土)から13日(日)に、札幌市北区にある藤女子大学の大学祭で、千島桜のバネルを展示し、来場者に「北方領土返還要求運動のシンボルの花」であることをお知らせしました。


 模擬店や催しにかわいらしさが漂う大学祭のワンコーナーに展示された千島桜のパネルも、周りの雰囲気に負けずに来場者の目を引いていました。


 大学祭が開催された2日間の来場者は、2000人を超え、主催する藤女子大学の学生さんのたくさんの友達のほか、系列校の生徒達も来場していたとのとで、若い皆さんに千島桜のことを知っていただく、よい機会となりました。



  →藤女子大学のページはこちら


藤女子大キノルド資料館 藤女子大 北16条キャンパス

 

藤女子大ロゴ
 
 藤女子大 学園祭1
 
藤女子大 学園祭2

藤女子大 学園祭3

藤女子大 学園祭4

【H25.10.15】 (高橋知事も激励!)北海道フェアin代々木公園で皆さんの署名、確かにお預かりしました!

 10月4日(金)から6日(日)までの3日間、首都圏の秋の風物詩として知られている北海道フェアで、今年初めて北方領土啓発パネル展、返還要求署名コーナーを設置し、北方領土について呼びかけ、たくさんの皆さんに署名のご協力いただきました。

 中でも、ボランティアで参加していただいた法政大学の皆さんの呼びかけには、同じ若い世代の皆さんが足を止めるなど、北方領土に関心を持つきっかけとなっていました。

 このような中、最終日には、高橋知事が署名コーナーを視察し、ボランティアでがんばっている学生の皆さんを激励しました。

 こうして、首都圏の多くの皆さんに呼びかけができたこと、若い大学生の皆さんと一緒にできたことで、実り多く充実した取り組みとなりました。

 ご協力いただいた北海道倶楽部をはじめ、関係者の皆さんに改めてお礼申し上げます。
 ありがとうございました。

  →「第25回北海道フェアin代々木」のページはこちら
  →ザ★北海食道のFacebookページはこちら
  →社団法人北海道倶楽部のページはこちら


 北海道フェア1
 北海道フェア2
 高橋知事も激励に! 北海道フェア3(ボランティアの皆さんを激励する
高橋知事)
 

  

【H25.9.27】 「第25回北海道フェアin代々木」で北方領土パネル展を開催決定!

 昨年の来場者数57万人と国内最大級の屋外型北海道物産イベントである「北海道フェアin代々木」は今年で25回目となり東京の秋の風物詩として定着しております。

 この度、北海道応援団として在京の経済人などで組織している「社団法人北海道倶楽部」、さらに「内閣府北方対策本部」などの協力をいただき、今年初めて北海道フェアの会場に北方領土啓発パネル展、返還要求署名コーナーを設置できることとなりました!!

 北海道フェアでは、秋に獲れたての鮮魚や野菜、肉類を豪快に炭火などの直火で焼き上げ提供するブースが多数出展し、できたてアツアツをその場で食べられるのが醍醐味です。
 また、北海道スイーツコーナーとして北海道のおなじみ&隠れた名店が出展します。
 さらに自治体の物産・観光PRブースが多数出店し合計で100店舗を超すスケール!
 もちろんサッポロ生ビールや北海道の地酒やワインを販売するブースも出店しますので、会場となる代々木公園はフェア期間中に巨大な「居酒屋北海道」に変身します!

 秋の澄み切った空の下、首都圏にお住まいの多くの皆さんに足を運んでいただき、北海道の食の魅力を堪能いただき、併せて北方領土、北海道を応援していただけることを願っています。

 【開催日時】2013年10月4日(金)~10月6日(日)
         10:00~18:00(雨天決行/荒天中止)
 【会場アクセス】代々木公園野外音楽堂前広場
         (東京都渋谷区神南2丁目/NHK放送会館横)
         JR山手線原宿駅から徒歩7分 東京メトロ神宮前駅から徒歩7分
 【主 催】北海道フェアin代々木~ザ・北海食道~実行委員会
 【入場料】無料
 【主 催】北海道フェアin代々木実行委員会
 【後 援】北海道・公益社団法人北海道観光振興機構
 【協 賛】味の素(株)、サッポロビール(株)(予定)
 【特別協力】サッポロビール株式会社北海道本社

  →「第25回北海道フェアin代々木」のページはこちら
  →ザ★北海食道のFacebookページはこちら
  →社団法人北海道倶楽部のページはこちら

 

 
H25北海道フェア1

 H25北海道フェア2

 H25北海道フェア3
   (クリックすると拡大します)


北海道フェア5 
 

  

【H25.9.19】 サッポロビール北海道工場で、北方領土パネル展を開催中!

  北海道らしい景色の中に広大な敷地を持つサッポロビール北海道工場(恵庭市にあるJRサッポロビール庭園駅近く)で、北方領土パネル展(内閣府主催)を開催しています。

 工場見学の最後に、おいしいビールの注ぎ方を教えてもらい、できたての生ビールを無料で試飲したあとは、気軽にパネル展にお立ち寄りいただき、北方領土について思いを馳せていただければと思います。

 パネル展は、10月31日まで開催しています。期間中、連休もありますので皆さんのお越しをお待ちしています。


※ 工場見学には、電話での予約が必要です。また、見学できない日もありますので、ホームページでご確認ください。

  住  所 〒061-1405 北海道恵庭市戸磯542-1
  電話番号 011-748-1876 (10:00-17:00)

  →サッポロビール北海道工場のページはこちら

 

 

サッポロビールロゴ
 
サッポロビール1
 
サッポロビール2
 
サッポロビール3 

  

【H25.9.13】 「北方領土エリカちゃん」のご紹介

  北方領土のイメージキャラクター「エリカちゃん」です。
 「エリカちゃん」は平成20年度の北方領土問題啓発の政府広報映像のキャラクターとして登場しました。

 モデルとなるエトピリカは北太平洋沿岸域に生息し、日本では北海道東部の太平洋側で生息しています。エトピリカとはアイヌ語で「くちばし(etu)が美しい(pirka)」という意味で、名のとおり橙色の大きなくちばしをもつ体長40センチ、体重750gほどの海鳥です。
 これから全国各地の北方領土のイベントで「エリカちゃん」に会える機会も多くなると思いますので、皆さん応援よろしくお願いします!
 なお、北海道では9月28日(土)、29日(日)にJR札幌駅で次のイベントが実施されます。

   事業名:今が、知るとき。ちゃんと、北方領土 四島の楽校 in 北海道
   日  時:9月28日(土)、29日(日) 11時〜16時
        ステージイベント  12時、13時30分、15時
   場  所:JR札幌駅 南口イベント広場
        JR札幌駅 西コンコース・イベント広場
   ゲスト :春香クリスティーン(29日)、アフロンゲ丸山&ヨッシー

   主  催:独立行政法人北方領土問題対策協会(略称:北対協)
   共  催:公益社団法人北方領土復帰期成同盟
   後  援:内閣府北方対策本部

 また、根室市の納沙布岬にある啓発施設である北方館には、今年の8月に「エリカちゃんポスト」が設置され、投函されたお手紙は、北対協のエリカちゃんFacebookで紹介されています。
 お近くにお越しの際には、ぜひ皆さんもご一筆!


  →全国のイベント紹介のページ(四島の楽校(がっこう)通信)のページはこちら
  →北方領土エリカちゃんのFacebookページはこちら
  →北方領土エリカちゃんのtwitterはこちら
  →北方館のページはこちら

 

 

エリカちゃん
 
エリカちゃんポスト
 

  

【H25.9.11】 菅官房長官が赤れんが北方領土館を視察されました!

 アイヌ政策推進会議などに出席するため来道された菅官房長官が、平成25年9月11日(水)に道庁赤れんが庁舎にある「北方領土館」を視察されました。

 菅長官は、北方領土学習コーナーや各展示資料、そして館内中央に配置されている北方領土のジオラマを前にし、高橋知事からの説明に興味深く耳を傾けていました。

 短い時間でしたが、領土交渉が再スタートし、返還気運が高まりつつあるこの時期に、内閣の要である官房長官に「北方領土館」を視察していただき、今後の交渉の具体的な進展に向けて、一層期待がふくらみました。


  →赤れんが北方領土館のページはこちら

 

 

菅官房長官1
 
菅官房長官
 
菅官房長官4

  

【H25.9.4】 北海道議会北方領土対策特別委員会が開催されました

 平成25年9月4日(水)に定例の道議会特別委員会が開催されました。
 道側からは、8月の前回委員会以降に実施された北方四島交流事業について、報告しました。
 この日は、議員インターンシップに参加している大学生6名も委員会を傍聴していました。こうした若い世代の方が北方領土問題に関心を持ち、次代の返還運動を担っていくことを願っています。 
 

道議会庁舎

  

【H25.9.3】 札幌市交通局(市営地下鉄)でも「千島桜」の普及・啓発に協力をいただいています!

  札幌市交通局では、市営地下鉄の駅構内事務室ドアなどに、千島桜のステッカーを貼付していただいています。
 市営地下鉄は毎日、多くの方が利用しており、北方領土問題への理解と関心を高めていくうえで、力強い応援をいただきました。
 これからも返還要求運動のシンボルの花「千島桜」が全道、全国で花開き、一日も早い北方領土の返還へとつながっていくよう、取り組みを進めていきたいと考えています。

 

 

札幌市営地下鉄1
 
札幌市営地下鉄2
 

 札幌市営地下鉄3

  

【H25.8.15】 セブンイレブン、セイコーマートで啓発に協力していただいています!!

 コンビニエンスストアのセイコーマートとセブンイレブンの道内全店で、北方領土返還要求運動強調月間である8月に合わせて、返還要求の啓発に協力していただいています。

 セブンイレブンでは、9月まで、北方領土返還要求運動のお知らせを下部に印刷したレシートを発行していただいています。(啓発レシートは10分の1の確率で発行されます。当たりくじのような幸福感いっぱい。(*^_^*) )

 セイコーマートでは、8月19日から25日までの間、強調月間の取り組みを店内放送していただきました。

 また、道庁本庁舎地下店では、いち早く千島桜マークを取り込んだ名刺を取り扱って、マークの普及に弾みをつけていただきました。

 これからも多くの方々の協力をいただきながら、一層の機運醸成を図っていきたいと考えています。

 

 

セブンイレブンのレシート 8月
 
セブンイレブン 北海道庁別館店
 
セイコーマート 名刺イメージ
 
セイコーマート ロゴ
 
セイコーマート 北海道庁店

  

【H25.8.23】 2013北方領土返還要求北海道・東北国民大会が開催されました!!

 平成25年8月23日(金)13時より道新ホールで「2013北方領土返還要求北海道・東北国民大会」が開催されました。

この大会は、北海道及び東北における北方領土返還要求の国民世論の結集を図ることを目的として開催されており、今年度も北海道、東北の返還運動関係者や道民など約600名が参加し、開催されました。

 今回は、大会冒頭に「次世代を担う私たちからのメッセージ」と題して、北海学園大学3年 小泉由貴さんが、「私たち若い世代が、北方領土を巡る問題について、正しく理解し、関心を深め、運動を広げ、返還要求運動に積極的に参加していきたい。」と若い世代を代表して、決意を述べました。

 大会では、北方四島の一括返還に向け、政府、国会に毅然とした態度で外交交渉に臨むことなどを求める大会決議などを採択しました。

 また、道では、北方領土返還要求運動シンボルの花である「千島桜」のバッチやシールを参加者に配布し、北方領土返還に係る機運を盛り上げていただくよう呼びかけました。


  日 時 平成25年8月23日(金) 13:00~14:30

  場 所 道新ホール(札幌市中央区大通西3丁目)

  主 催 北方領土返還要求北海道・東北国民大会実行委員会(構成:45機関・団体)


  →大会プログラムはこちら

 

 

25国民大会1 小泉由貴さん
 
25国民大会2
 
25国民大会3 高橋知事
 
25国民大会4
 
25国民大会5 キャラバン隊
 
25国民大会6 大会決議

  

【H25.8.23】 北方領土返還要求啓発街頭行進を行いました!!

 平成25年8月23日に開催された北方領土返還要求北海道・東北国民大会に併せて、札幌市中心部(道庁正門~駅前通~大通西3丁目)において、北方領土の早期返還を訴える街頭行進を行いました。

 当日は、雨天予報で天候が心配されましたが、皆さんの熱い思いが届いたのか好天に恵まれ、元島民の方々をはじめ、山谷副知事や北海道議会議長、北海道議会北方領土対策特別委員会の委員、返還要求運動関係団体の方々など約200名の方々が参加しました。

参加者の皆さんは、北方領土返還要求運動のシンボルの花である「千島桜」の手旗を振り上げ、「北方領土は、我らが領土だ!」、「島を、返せ!」などシュプレヒコールを繰り返し、札幌中心街を行き交う観光客やオフィス街の方々に北方領土の早期返還と北方領土返還要求運動への参加などを訴えました。

 

 

25街頭行進1
 
25街頭行進2 山谷副知事と小泉理事長
 
25街頭行進3
 
25街頭行進4
 
25街頭行進5
 
25街頭行進6
 
25街頭行進

  

【H25.8.15】 「北方領土の日ポスターコンテスト応募作品いいね!展」を開催しました。

 平成25年8月15日~17日まで、札幌駅前通地下歩行空間で「北方領土の日ポスターコンテストいいね!展」を開催しました。

 昨年度開催した「第11回北方領土の日ポスターコンテスト」の応募作品366点のうち、惜しくも選外となった作品の一部、180作品を展示。いずれも秀作、力作で、選外とは思えないほどレベルの高い作品揃いでした。

 また、来場者には、お気に入りの作品に北方領土返還要求運動のシンボルである「千島桜」のシールを貼ってもらうという企画を用意し、それぞれ気に入った作品にシールを貼ってもらいました。

 来場者から人気の高かった作品は、千島桜シールでいっぱいになりました。

 道では、今年も「北方領土の日ポスターコンテスト」を実施します。応募資格は高校生以上。 10月末日まで作品を募集しておりますので、皆さん、奮ってご応募ください。


   →ポスターコンテスト応募の詳細はこちらから!
 

 

いいね!展1
 
いいね!展2
 
いいね!展3 最も人気の高かった作品はこちら

  

【H25.8.12】 「北方領土パネル展」を開催しました。

 8月の北方領土返還要求運動強調月間に合わせ、8月12日~14日までの3日間、道庁本庁舎1階道政広報コーナーで「北方領土パネル展」を開催しました。

 パネル展では、北方領土問題の経緯を解説したパネルのほか、千島歯舞諸島居住者連盟が所有する戦前の北方領土の暮らしを紹介した写真や平成18年に元島民が歯舞群島多楽島を訪問した際の様子を紹介したカラー写真なども展示しました。

 その他、元島民の故・能登与市(のとよいち)さんが生前、数年かけて作成した北方領土デジタル紙芝居「故郷の島たらく(四季と生活(くらし))」の上映も行われました。

 お盆時期の開催でしたが、期間中は約300名の来場者があり、戦前の北方領土を紹介した写真などを熱心に見ていました。

 また、会場に設けられた北方領土返還要求署名コーナーでは、昨年の2倍以上の署名が集まり、返還要求運動への関心の高まりが感じられました。

 猛暑の中、ご来場いただきありがとうございました!!

  

 

道庁パネル展1
 道庁パネル展2

 道庁パネル展3

  

【H25.8.6】 外務省出前講座(平成25年度北海道高等学校文化連盟弁論部サマーセミナー)が開催されました

 平成25年8月6日(火)14時から定山渓グランドホテル瑞苑で平成25年度高文連弁論部サマーセミナーで外務省出前講座を実施しました。

 今回は外務省欧州局ロシア課の職員にお越しいただき、札幌、旭川、帯広から参加の9校32名の弁論部の高校生に講演を行っていただきました。

 外務省の職員からは、北方領土を巡る問題について、地理、歴史的背景などの基本的な事柄の他、直近に訪れた色丹島での島の様子、ロシアの人々の島での暮らしぶりなどを感想を交えながらわかりやすく説明いただきました。

 高校生の皆さんからは、北方領土の産業構造や領土が返還された後にロシア人と共存できるかなどの質問や北海道だけではなく、他県の人々も巻き込んで領土問題を訴えていく必要があるのではないかといった沢山の意見や感想が次々と出されました。

 弁論部の生徒さんということで質問や意見をきちんとまとめて堂々と発言する姿はとても頼もしいものでした。

   →当日配布の資料「チャレンジ41か国 ~外務省の外国語専門家インタビュー~」
   →外務省 北方領土問題のページはこちら
   →外務省 チャレンジ41カ国のページはこちら
 

 

外務省講演1
 
外務省講演2
 外務省講演3

  

【H25.8.7】 北海道議会北方領土対策特別委員会が開催されました

 平成25年8月7日(水)午前10時より定例の道議会特別委員会が開催されました。

 道側からは、8月に設定されている北方領土返還要求強調月間の取り組みを説明するとともに、若年層に向けた啓発活動の実施状況のほか、7月の前回委員会以降に実施された交流事業について報告しました。

   →北方領土返還要求運動強調月間における主な啓発活動(計画)
   →若年層に向けた啓発活動
   →北方四島交流事業等の状況(平成25年8月7日現在)

 

 

道議会 外観
 

 

  

【H25.8.3】 沖縄・函館豆記者の北方領土関係取材がありました

 平成25年8月3日(土)の午前9時から沖縄県と函館市からの豆記者の皆さんが道庁に取材訪問しました。

 沖縄豆記者団による取材交流活動は、沖縄と本土を結ぶ青少年交流を積極的に推進し、青少年の健全育成を図るため、沖縄県豆記者交歓会が昭和37年から毎年実施しています。
 また、函館豆記者団は、函館豆記者交歓会が実施しており両交歓会は長年にわたって交流しています。

 今回は、沖縄から50名、函館から13名の記者が道庁を訪問。東京の首相官邸や根室市での取材に引き続いての札幌入りですが、長旅の疲れに負けずそれぞれ5名の記者から北方領土に関する取材がありました。

 取材の内容は、国における有識者の提言と同じく、「積極的に世界に向けて訴えるべきではないか」などの貴重な意見ばかりで、返還要求運動の次代担う小中学生が、こんなにも真剣に北方領土のことを考えていてくれることに、勇気100倍の思いでした。

 取材した豆記者達も道で作成した千島桜をデザインしたピンバッジなどの提供に感激した様子で、地元に戻って作る壁新聞の記事にして、南から千島桜をどんどん咲かせて(広めて)いきたいと意気軒昂でした。

   →沖縄豆記者団及び函館豆記者団の総理官邸への表敬の様子はこちら(首相官邸HP)

 

 
最初の質問をする沖縄の豆記者 
函館豆記者1 
函館豆記者2 
取材を終え、豆記者からお礼と決意表明 
函館豆記者3 
回答内容を熱心にメモをとる豆記者達

  

【H25.8.2】 第44回富山県北方領土復帰促進少年少女北海道派遣団からの
       北方領土メッセージの伝達

 富山県北方領土復帰促進少年少女北海道派遣団から富山県知事と北方領土返還要求運動富山県民会議会長のメッセージの伝達を受けました。


「北方領土の元居住者は、富山が北海道の次に多いことから、一日も早い返還を願う気持ちはひときわ強い。」

というメッセージをいただき、返還要求運動に一層取り組んでいく決意を新たにしました。 

 

 
H25富山県派遣団1 


H25富山県派遣団2 


H25富山県派遣団3

  

【H25.7.26】 「千島桜」を用いた啓発について発表しました。

高橋知事から7月26日の記者会見で、8月の「北方領土返還要求運動強調月間」の取組と合わせ、「千島桜」のシンボルマークを用いた啓発について発表を行いました。
知事からは
  • 特に、今年は、日本の総理としての10年ぶりとなるロシアへの公式訪問が実現して、領土交渉が再スタートすることとなり、返還に向けた期待が大いに高まっていることから、全国に向けた「北海道発」の機運醸成の取組を展開していきたい。
  • その取組みとして、返還要求運動のシンボルの花「千島桜」をデザインしたピンバッチやシール、ステッカーなどを使って啓発を展開する。
  • 今後、幅広く道民・国民の皆さんに北方領土問題に関心を持っていただけるよう、インターネットなどによる情報発信なども行っていく
 と発表しました。
    →同日配布の報道発表資料はこちら(PDF 77KB) 
 
知事会見1 


知事会見2 


知事会見3

  

【H25.7.26】 平成25年度北方領土返還要求運動強調月間の取組について

 旧ソ連邦が日本に対し宣戦を布告し、北方領土問題の発端となった月である8月を「北方領土返還要求運動強調月間」と定め、道、市町村及び関係団体が連携し、一層強力に北方領土問題の啓発活動を展開することとしています。

主な啓発行事等

  平成25年度の主な啓発行事等は次のとおりです。

 北方領土(パネル・写真)展

 期間中  総合振興局・振興局ほか

 8月12日~14日 北海道庁1階 道政広報コーナー

 沖縄・函館豆記者北方領土取材受入

 8月1日 根室市 8月3日 北海道庁

 第44次富山県少年少女北海道派遣団受入  8月2日 北海道庁 8月3日 根室市
 北方領土返還要求根室市民大会  8月4日 根室市 根室市総合文化会館
 平成25年度全道高文連弁論専門部サマーセミナー 出前講座  8月6日~7日 札幌市 定山渓グランドホテル瑞苑
 北海道倶楽部北方領土現地視察  8月18日 根室市
 北方領土問題教育指導者現地研修会  8月17日 根室市
 北方領土の日ポスターコンテスト応募作品いいね!展  8月15日~17日 札幌市 札幌駅前通地下広場
 第32回北方領土ノサップ岬マラソン大会  8月18日 根室市 根室半島
 2013北方領土返還要求北海道・東北国民大会  8月23日 札幌市 道新ホール
 北方領土返還要求県民会議北方領土青少年研修団受入  期間中20府県の受入 根室市

  このほか、全道各地でポスター掲示、市町村広報誌への記事掲載、観光イベント等での啓発活動などを予定しています。 

 

 
H24国民大会 


H24街頭署名 


H24道庁パネル展

  

【H25.7.26】 「北方領土の日」ポスターコンテストの作品を募集しています。

 2月7日は「北方領土の日」です。この「北方領土の日」を広く周知し、北方領土返還要求運動を更に高めるため、ポスターコンテストの応募作品を募集しています

 今年で第12回目となるポスターコンテストですが、昨年は全国から366点の応募があり、札幌市の真野すみれさんの作品が最優秀作品に選ばれました。

 受賞者には表彰状と副賞として5万円を贈呈します。

 また、最優秀の作品は、ポスターや啓発資材のデザインとして使用し、各種の啓発事業等で活用させていただきます。

 今年の募集締切は10月31日(木)(当日消印有効)となっています。

 皆さんふるって応募ください!

  • 応募資格 高校生以上の方。プロ、アマは問いません。
  • 募集内容 北方領土返還要求運動が更に高まるように、「北方領土の日」ポスター(B2判)として使用するためのデザインを募集します。
  • 締切 平成25年10月31日(木)(当日消印有効)
  • 賞と賞品

 

 最優秀賞 1点   賞状、副賞(5万円) 
 最優秀賞(高校生) 1点    賞状、副賞(1万円相当ギフト券)
 最優秀賞(その他学生) 1点    賞状、副賞(1万円相当ギフト券)
 優秀賞(一般)  1点 賞状、  副賞(5千円相当ギフト券)
 優秀賞(高校生)  1点  賞状、副賞(5千円相当ギフト券)
 優秀賞(その他学生)   1点  賞状、副賞(5千円相当ギフト券)
 佳作  数点  賞状

     →「北方領土の日」についてはこちら 

    →コンテスト応募の詳細はこちら

    →募集チラシはこちら

    →これまでの受賞作品はこちら  


 
H24最優秀作品 


H24受賞者



【このページへのご意見・お問い合わせ先】

 北海道総務部北方領土対策本部

 〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
 電話 011-204-5068   FAX 011-232-1780
 電子メール ryodo.kikakuc(記号)pref.hokkaido.lg.jp  ※ 送信の際は(記号)を@(半角)に変更してください