スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 北方領土対策根室地域本部 >  政府等要人の北方領土視察(平成27年度)


最終更新日:2015年11月25日(水)

政府等要人の北方領土視察(平成27年度)

   島尻安伊子内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策) 北方領土視察(平成27年11月13~14日)

 北方領土視察1

関係団体等との懇談会で発言する島尻大臣

 11月13日(金)から14日(土)の日程で島尻内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)が北方領土視察のため、根室管内を訪れました。
 13日(金)に根室入りした島尻大臣は、根室商工会館で関係団体等との要望・懇談会、元島民との懇談会、記者会見、記者懇談会を行いました。
 なお、関係団体等との要望・懇談会、元島民との懇談会、記者会見には、伊東良孝農林水産副大臣も同席し、意見を交わしました。
 翌14日(土)には、納沙布岬での北方領土視察や、管内施設(別海北方展望塔、標津サーモン科学館及び北方領土館、羅臼国後展望塔)の視察を行い、今回の訪問日程を終えました。

 懇談会の中で島尻大臣は「広報・啓発活動を更に発展させていくことが私に課せられた一番の使命である。また、返還要求運動を次世代にきちんと継承していけるよう、努力して参りたい。」と、北方領土問題の更なる啓発、後継者対策等について語りました。
 また、伊東副大臣は「サケ・マス200海里流し網漁の禁止やTPP問題等があるが、漁業・農業に従事している方々が希望を失わず、夢を持って仕事を続けていけるよう、一つずつ対策を講じて参りたい。」と決意を述べました。

北方領土視察2

関係団体等との懇談会で発言する伊東副大臣

北方領土視察3

納沙布岬で記念撮影を行う島尻大臣