スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 北方領土対策根室地域本部 >  平成26年度北方領土サミット提言実現事業(2ページ目)

北海道の分類: 行政・政策・税 > 北方領土 > 北方領土対策根室地域本部北方領土対策室
根室の分類: 行政・政策・税 > 北方領土

最終更新日:2015年5月07日(木)

平成26年度北方領土サミット提言実現事業(2ページ目)

 

   実施状況【第2~3回企画会議】

 
 第2回企画会議
【日時】平成26年12月7日(日)10時00分~17時00分
【場所】根室市立啓雲中学校

 今回の企画会議では、前回に引き続き「北方領土講座」と「告知チラシ」の制作作業を行ったほか、元島民2世の方による講話の傾聴、イベント会場に張り出す「イベント看板」の制作作業を行いました。

第2回企画会議の様子(その1)

 午前中は、第1回企画会議で実施決定となった「北方領土講座」で使用する掲示物と、イベントの告知用として管内の児童、生徒に配付する「告知チラシ」を班ごとに分かれて作業しました。
 より分かりやすい掲示物、チラシの完成を目指し、「ここはこうしたほうがわかりやすく伝わるのではないか」、「自分たちで絵を描いて、興味を引くようにしよう」など、お互いに意見を出し合いながら、工夫を凝らして作業を進めました。

第2回企画会議の様子(その2)

 午後からは、初めに千島歯舞諸島居住者連盟根室支部理事の濱屋 正一(はまや しょういち)さんによる講話を傾聴しました。
 講話では、後継者の方々が行っている諸活動の様子をスクリーンに映しながら、時折ユーモアを交えつつ説明していただき、講話を聞いていた生徒たちは、様々な運動があることに驚きながらも、「自分たち後継者が何を行えば北方四島の早期返還に寄与することができるのか」などを真剣に考えている様子でした。

第2回企画会議の様子(その3)

 講話後は、引き続き「北方領土講座」と「告知チラシ」の制作作業を行い、「告知チラシ」については、完成することができました。
 また、「北方領土講座」においても順調に作業が進んだため、チラシ班の生徒たちとともに、次の作業である「イベント大看板」の制作にも取りかかることができました。


次回の企画会議は、年明けの1月18日(日)に別海町立別海中央中学校で「北方領土講座」で使用する掲示物、「イベント大看板」の制作作業を行うほか、「北方領土クイズ・〇×クイズ」の取りまとめ作業等を行う予定です。

 第3回企画会議
【日時】平成27年1月18日(日)10時00分~17時00分
【場所】別海町立別海中央中学校

 今回の企画会議では、前回に引き続き、「北方領土講座」で使用する掲示物と「イベント大看板」の制作作業を行ったほか、イベント会場に張り出す「各コーナーの説明看板」の制作作業や、当日実施する「北方領土クイズ・北方領土○×クイズ」の集計・とりまとめ作業を行いました。

第3回企画会議の様子(その1) 午前中は、第2回企画会議に引き続き、「北方領土講座」と「イベント大看板」を班ごとに分かれて作業しました。
 制作作業もいよいよ大詰めとなった「北方領土講座」では、できる限り工夫を施しながら、完成に向けて作業を行いました。

 「イベント大看板」の制作作業では、どのようなレイアウト、色使いをしたら、来場者の目を引き、また、インパクトのある看板になるかを考えながら、一生懸命作業を行いました。
 第3回企画会議の様子(その2)  午後からは、「北方領土講座」の最終仕上げを行ったほか、「各コーナーの説明看板」の制作作業や、当日実施する「北方領土クイズ・北方領土○×クイズ」の集計・とりまとめ作業を行いました。

 説明看板の制作作業では、来場者の方々がコーナー毎に何を行っているのかを一目見てわかるように、また来場者の方々が思わず参加したくなるようなデザインとなるよう、独創的な看板を目指して作業を行いました。
 第3回企画会議の様子(その3)  「北方領土クイズ・北方領土○×クイズ」の集計・とりまとめ作業では、参加中学生全員が考えてきた問題を集計した後、さらに参加した方々が楽しめる内容となるよう、互いにアイディアを出し合い、問題を完成させました。



  

           トップページに戻る(1ページ目)

実施状況(FMラジオ番組収録~企画会議)へ進む(3ページ目)