スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 行政改革課 >  H18導入施設


最終更新日:2011年4月27日(水)


H18導入施設


 平成18年度から指定管理者制度を導入した施設
 
平成17年10月25日作成   
平成18年 3月31日最終更新
 
1.指定管理者制度について
 
    「指定管理者制度」は、平成15年9月2日、改正地方自治法が施行され、地方自治体の公の施設の管理に関する制度が改正されたことによって創設された制度です。
  この改正によって、民間企業やNPOなどを含む幅広い団体が、地方自治体が指定する「指定管理者」として公の施設の管理を代行することができるようになりました。
 
 
2.指定管理者の指定の手続について

(1)指定管理者の公募等
  道では、平成18年度から指定管理者制度を導入することとしている公の施設のうち、別表1に掲げる32施設(募集単位)について、平成17年10月26日から順次公募を開始し、質問の受付・回答の公表、現地説明会の開催等の手続を行い、12月12日までにすべての施設で公募を終了しました。
  これらの32施設に対し、延べ70団体から申請をいただきました。
 
   申請結果(募集単位別)(PDF)
  ※なお、別表2に掲げる6施設と道営住宅の一部は、市町村を指名して申請を求めました。

 
(2)指定管理者の候補者の選定
  指定管理者の候補者は、学識経験者を含む選定委員会において行い、知事・教育委員会は、選定委員会による審査の結果を踏まえ、指定管理者として最適な団体を決定しました。
 
  指定管理者候補者の選定結果(非公募施設を含む)(PDF) (1月23日掲載)
 
 知事・教育委員会は、選定委員会による審査の結果を踏まえ、指定管理者として最適な団体を決定しました。 指定管理者の候補者の審査結果の概要については、公募施設は別表1を、非公募施設は別表2をご覧ください。
 
     参考資料:公募から選定までの流れ(PDF) (1月25日掲載、1月30日一部更新)
 
 
(3)指定管理者の指定
 平成18年第1回定例道議会で指定の議決を経て、指定管理者の指定を行い、平成18年4月1日から指定管理者による施設の管理運営が始まりました。
 
      指定管理者一覧(H18.4) (PDF)
 
 
 
 
 総務部行政改革局行政改革課(電話011-204-5002)