スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 行政改革課 >  民間ノウハウ等の活用に向けた提案制度に基づく提案募集


最終更新日:2017年7月10日(月)

 

民間ノウハウ等の活用に向けた提案制度に基づく提案募集について

                          平成29年6月30日 総務部行政改革局行政改革課

1 取組の趣旨

  ・道では、限られた行財政資源の中、引き続き社会経済情勢の変化に対応した民間活力の積極的な活用を図るため、

   「道業務への民間ノウハウ活用指針」を平成28年3月に策定し、当該指針に基づき定めた「民間ノウハウ等の活用に 

    向けた提案制度実施要領により、次のとおり民間の皆様からのご提案を募集します。


2 提案を募集する事項

  ・知事部局の業務のうち、次の各区分による提案を募集します。

    (1)民間で実施可能と考えられる業務の提案

(2)民間での実施を可能とするための条件の提案

(3)道職員が担う業務の効率化等に資する提案

(4)北海道が示す特定のテーマに対する提案


  【2(4)の北海道が示す特定のテーマ】

ア  利用者ニーズを踏まえたオープンデータ拡大のための提案    

○道では現在、公共データの活用促進を図るため、道が保有する様々なデータのうち、個人情報など公開で

   きないものを除くデータについて、二次利用可能な形で公開する「オープンデータ」の取組を進めています。

  (*現在公開中のデータ)      

○オープンデータの更なる活用推進のためには、利用者ニーズを踏まえた形でのデータ公開が大切であるた

   め、

  ・どのようなデータが公開されることを期待するか

    について意見を募集します。また

  ・今後の新たなニーズを効果的に把握するための手法

  ・ニーズが高いファイル形式と公共データのファイル形式が一致しない場合に活用できるデータ形式変換手

   法・ツール 等

利用者ニーズを反映させたオープンデータを拡大させるための提案について募集します。

 

イ 携帯電話の維持費縮減に向けた契約プランの見直し等の提案

○道ではH28.4現在、災害対策や公物管理パトロール等の業務用として800台を超える携帯電話を使用して

  いますが、これらの携帯電話に関する契約の多くは使用部局がそれぞれ個別に行っています。

  (*本庁・各振興局別の契約状況)   

○こうした契約について、料金プランの見直し等による維持費の縮減を図るため

 ・通話量の少ない電話と通話量の多い電話とが基本料金に含まれる無料通話可能時間を共有できる料金

  プランへの変更

 ・職員間の通話が割引となる料金プランへの変更

 ・極端に使用頻度が少ない電話のプリペイド型携帯電話への切り替え 等

必要な通話時間を確保しながら、トータルの維持費を縮減するための提案を募集します。

 

ウ  電子化された行政情報(文書)の効率的な保管方法の提案   

○道では、意思決定の迅速化や情報共有の効率化を図る観点から、行政情報の電子化を推進しています。

○こうした取組の一方で、電子化された行政情報(文書)の管理については、従前の紙出力された情報(文

 書)を対象とした考え方に基づいて行われておりますが、電子化された情報の特性を考慮した管理を行う

 ことが大切であると考えることから   

 ・情報の検索や共有、再利用が容易であるといった特性を生かせる管理(手法)

 ・他方、増え続ける電子データの減量化に向けた管理(手法) 等

電子化された行政情報(文書)の効率的な管理方法について提案を募集します。

  ・なお、提案内容が、法令等に抵触する行為、公序良俗に反する行為、単なる物品の斡旋や明らかに実施が困難な

    内容である場合には、提案を受理しませんので、留意願います。

 3 提案方法

   ・ご提案については別紙様式により郵送、ファクシミリ、電子メールのいずれかの方法で提出願います。   

   ・必要に応じて参考資料等(様式任意)の添付をお願いします。 

    

   ※募集に関するご質問等については、お気軽にお問い合わせください。 

 

4 提出期限

   ・提案の募集期間は通年とします。ただし、2(4)(北海道が示す特定のテーマに対する提案)については、平成29年

     7月30日までに提出願います。 

 

5 その他

  ・ご提案いただいた内容につきましては、業務所管課において検討し、検討結果については提案者にお知らせすると

    ともに、ホームページで公表する予定です。

  ※平成28年度の提案に対する検討結果はこちらから